2008年09月19日


Sekai Cameraのプレゼンに感動


TonchidotがTechCrunch50で発表したSekai Cameraのプレゼンが話題になっているということで見てみた。動画を見てもらえればわかると思うんだけどSekai CameraというサービスはiPhoneのカメラで捉えるたモノや商品をタグ付けされたデータベースから引っ張ってきてそれに関する情報を見られるようにするものらしい。
商品の発想ももちろん素晴らしいのだけど、井口尊仁さんのプレゼンとQ&Aがかなりの見応え。



英語が上手かと言われれば決してそうではないプレゼンなんだけど(僕は聴き取りやすかった)、情熱がもの凄く伝わってくるんだよね。
僕なんて英語プレゼンが決まった日から終わるまで毎日憂鬱で、喋っている間は原稿読んでるだけで頭の中は真っ白みたいな状態になってしまうんだけど、この動画を見て発音とか英語力じゃないんだなということがよくわかった。だってこんなに聞き手を自分の世界に引き込んでるんだもんねぇ。しかもネイティブばかりなのに。

やっぱりプレゼンはマニュアル通りやるというよりも、表現力が大切なんだと改めて感じたのでした。

Tonchidot






2008年09月19日23:01 | Comment(0) | TrackBack(1)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

sekai camera/世界カメラとは?英語でプレゼン、新製品のプレゼンの見本
Excerpt: ■sekai camera/世界カメラとは? というアナタであったとしても、英語でプレゼンをする機会 もしくは、新製品をプレゼンする機会があるならば TonchiDot(頓智・株式会社)の井口尊仁CE..
Weblog: プレゼンマスター
Tracked: 2008-09-22 13:03


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。