2009年03月15日


W64SH PCレスでどこまでできるか

今年の目標はリンクとシェア。リンクはPCを介さずにガジェットたちを繋げる。シェアは写真や動画をネット上で共有したいという意味。

やりたいこと

・出先で携帯電話やデジタルカメラを活用してリアルタイムデータアップロード
 自宅に帰ってきて共有サイトにアップするのとリアルタイムでアップする意味は全然違うのよ。
 
・ガジェットたちをリンクさせるのは、ケーブルとかメモリーカードは使わない

 やっぱりワイヤレスだよね。ケーブル繋げてとかメモリーカード入れ替えてとかやったことある人ならわかると思うけど面倒くさ過ぎる。

・もちろんPC or Macは持ち出さない

 Netbookを含めたPCやMacは重すぎる。特に最近自転車を乗り始めた僕にとって1kgを超える持ち物は無理。
 
・写真にはジオタグ(GPSの位置情報)付与
 日時だけじゃなくて折角なので位置情報も写真に付与したい。
 
デジカメと携帯電話があるのだから2つを繋げて目標を達成するのが一番だよね。と言う訳で先日購入したFinePix Z250fdとあわせて手に入れたのがauのW64SHという携帯電話。

この2台をワイヤレスでリンクさせ写真にGPSで位置情報を添付しブログやtumblr、Flickrなどにアップするって訳。ついでに写真のトリミングやリサイズ、加工なんかも。

実はZ250fdには赤外線が搭載されていて、携帯電話に撮影した写真を送信することができる。赤外線での通信規格はIrSimple。この規格、全ての携帯電話に搭載されている訳ではなくて一部の機種に限られてる。なので携帯電話の機種選びはちょっと苦労した。IrSimpleについての説明はここがわかりやすい。

携帯電話選びのMust条件はIrSimpleの他にGPSが搭載されていて尚かつデジタルカメラから受信したデータにジオタグをつけることができるってこと。この時点でNokiaやBlackBerry、iPhoneなどの海外製の携帯電話は対象外になる。
次にWant条件。デザインはやっぱりストレートかスライド。海外で使うことも考えてGSMにも対応。ソフトバンクはMMSが1MBまでしか送信できないのとここ最近電波が悪いという理由で却下。

PHSのWILLCOM 03も赤外線は付いているのだけどIrSimpleの送信だけで受信には対応していないのでこちらもダメ。というよりWMは色々問題があって現状では使いにくい。

こうして消していくとドコモかauで選ぶことになるのだけど、ドコモの携帯電話の場合はIrSimpleで受信したデータにジオタグを付けられるのかどうかはっきりしなかった。携帯電話本体で撮影した写真にジオタグを付けることはできるんだろうけど。

残るはau。こっちはGPSについては老舗のキャリアになるのかな。結構昔からGPSには力を入れている印象。メールも2MBまで送信できるしIrSimpleで受信した写真にジオタグを付けることもできる。auの中で絞り込んでいくとIrSimpleとGPSが使えて尚かつストレートかスライドでGSMに対応しているのは1機種もない。ここで最大限譲歩してGSMを諦め、W64SHにしたって訳。

W64sh001.JPG


実際にカメラから携帯電話に写真を転送してみる。この作業はとても簡単で携帯電話側を赤外線待機状態にしたあと、デジタルカメラで転送を開始するだけ。転送速度は驚くほど速い。Bluetoothよりも数倍早く転送が完了する。

転送時にはデジタルカメラ側で写真サイズを変更することができるので、転送が完了したら携帯電話でリサイズや加工などをすることなくアップロードすることができる。

実はこの方法以前にもフジのカメラとドコモの携帯電話で使っていたことがあったのだけど以前は写真のサイズを変えられなかったり通信速度が遅かったりであまり活用していなかった。GPSも無い頃だったしね。

あとは一眼で撮った写真や動画をどうやってアップするかなのだけど、こっちは非常に壁が高そう。なのでそっちはまた別の機会に。

FUJIFILM FinePix Z250 レッド


2009年03月15日00:07 | Comment(9) | TrackBack(0)

2009年03月12日


エビちゃんカメラ

色々実験したくて買ってみた。

finepix0312001.jpg


定時で退社して買いに行ったので、これから仕事の続きをする。今更この機種を購入した理由は後日。

タグ:Finepix
2009年03月12日21:35 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年03月08日


EX-Z400で720p

今年に入って多くのデジタルカメラで採用されだしたHD動画。CASIOのデジカメEX-Z400でもHDサイズでの動画を撮影することができる。ただし30fpsではなくて24fpsね。

HDサイズで撮影するときのファイル形式はAVIとなっていて、1GBあたり約5分半の撮影が可能。今回は3分ほどの動画撮影でファイルサイズは約450MBだったのでほぼカタログ値通り。

動画の場合は自分が動きながら撮るか、もしくは動いているものを撮るかというので悩むのだけど今回は自分が動きながら撮ることにしてみた。

自分が動くと言えば最近ハマっている自転車。これにカメラを取り付けてみたい。

最初はビニールテープとかガムテープで自転車に貼り付けてしまおうかと思ったのだけど、さすがに借り物なのでそういう訳にもいかない。そこでグニャグニャ曲がる三脚をハンドルに括り付け、更にゴムバンドで固定してみた。

こんな感じ。

Z4000308001.JPG

Z4000308002.JPG


これで落下する確率は限りなく低くなる。

早速走ってみる。作成した動画はiMovieとQuickTimeを使って書き出したもの。ファイルサイズは約4分の1になってる。



うへー。ブレ過ぎで酔っちゃう。やっぱりピッタリと自転車本体にくっつけないとダメかもしれない。これはカメラの問題じゃなくて取り付け方法の問題が大きいねえ。やっぱりきちんとカメラを固定するのは写真でも動画でも基本中の基本か。しかもMacBookでYouTubeのHD動画を再生するの結構辛いかも。

でもエントリー機という位置付けであろうEX-Z400でもHD動画を撮れるってことに驚きだ。今年後半から来年にかけてはフルHDが当たり前になっているのかもしれないね。

タグ:EX-Z400 EXILIM CASIO
2009年03月08日18:27 | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年03月07日


春はもうすぐ

午前中から色々予定が詰まっていて、出掛けられないかと思っていたけど夕方近くになってようやく時間ができた。天気もよかったし、先日カシオよりモニターとしてお借りしたEXILIM EX-Z400を持って横須賀まで自転車で散歩してきた。

横須賀に行くのはおそらく15年振りくらいか。学生の頃少しだけバイトしていたんだけど、それ以来だ。

写真は全てオリジナルサイズ。

R16からショッパーズプラザと横須賀芸術劇場。

CIMG0325

ヴェルニー公園。横須賀は米軍と自衛隊の街。

CIMG0327

CIMG0331


どぶ板通り。この辺は何年経っても変わらない。

CIMG0334


上の写真、電線のところにパープルフリンジ出ちゃってるね。

CIMG0336

CIMG0340


こっちも左側の旗の上の部分にパープルフリンジが…

三笠通り商店街。

CIMG0346


国道16号線を使って横須賀まで行ったのだけど、追浜から汐入までは思ったより渋滞していて速度は出せなかった。路上駐車が多いのも困りもの。

海を見ながら走れれば楽しいんだろうけどほとんど山の中というかトンネルばかりなので自転車では走りにくい。でも汐入からは道路が広くなると同時に交通量も減って楽しく走ることができた。

で、肝心のカメラなんだけど、上の写真をオリジナルサイズで見てもらうとわかるように、パープルフリンジが出やすいみたい。逆行気味だと出やすいのかなぁ。まあブログサイズに縮小してしまえば全く気にならないのでいいのだけど、この辺はファームアップなどで改善して欲しいかも。

カメラの大きさはポケットに入れられるサイズなので、自転車に乗りながらスナップするにはちょうどいい。

ポケットから取り出す→撮影する→ポケットにしまうの動作が一眼とかLX3などと比べるとかなり快適。電源を入れてから立ち上がるまでの時間が短いのもポイントが高い。軽いし小さいので自転車を降りずに片手に持って気軽にスナップするのには使いやすいカメラだと思う。
さすがに走りながらは無理だけどね。


タグ:CASIO
2009年03月07日18:19 | Comment(10) | TrackBack(0)

2009年03月02日


EXILIM EX-Z400

AMNのモニターキャンペーンでカシオのEXILIM EX-Z400をお借りすることができた。カシオのデジカメはEXILIM EX-V7以来か。約1年半ぶりにカシオのデジカメに触れてみる。

exlim0302001.JPG


本当は週末に届いていたのだけど、土日は結構忙しくて写真を撮影している時間がなかったので取り急ぎ外観だけ。

exlim0302003.JPG

本体の色はピンク、ブラウン、ゴールドの三色で展開されているのだけど、僕に届いたのはゴールド。Webサイトやカタログで見るよりも落ち着いた感じの色合い。

スペックは有効画素数1210万画素、1/2.3型のCCDを搭載している。焦点距離は35mm換算で28mmから112mmとなっていて4倍のズームレンズ。絞りはF2.6からF7(ワイド側)。

exlim0302002.jpg


操作関係はボタンの数も少なくシンプルな構成。ただ、ちょっと理解に苦しんだのが動画撮影時のシャッターが上部のシャッターボタンではなく背面の赤丸ボタンで開始するところ。
動画モードに切り替えると静止画のシャッターは切れなくなるわけだから、兼用にした方が撮影時の混乱が少ないのではないかと感じた。

Panasonic LX3との比較。比べて持ってみると薄くて軽いのがよくわかる。これがEXILIMらしさだよね。

exlim0302004.JPG


LX3はスーツのポケットなどに入れるとポケットが膨らんでしまうのだけど、EX-Z400はポケットに入れても違和感はない。

次回は実際に撮影した写真をエントリーしたいと思う。

タグ:EXILIM CASIO
2009年03月02日23:23 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年02月27日


FinePix Z33WP

うはー。SONYのサーバーショットかと思うようなカラーとデザインなのね。3色コンプリートする?

Z33WP.jpg

お得意のxDカードと赤外線は廃止されていて、良くも悪くもフジらしくない。
まあそれでも春から夏にかけて色々楽しめそうなカメラになりそう。

2009年02月27日21:25 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年02月26日


GPS-CS3K、やっと発売されるみたい

ここ数ヶ月はGPSと写真とGoogle Mapの組み合わせでライフログを作ることに注力していた。一番問題になっていたのは写真にGPS情報をいかに手間なく付加するかということ。写真を撮影した時刻とおおまかな場所を後から簡単に整理したりGoogle Mapsなどでシェアしたい。

自転車にも乗り始めたので走った軌跡と組み合わせるもの楽しいんだよね。個人的なライフログなので数メートル単位での誤差は気にならないのだけど、そのかわりに手間を掛けたくない。

携帯電話で撮った写真にジオタグをつけるのが一番簡単だと思うのだけど、なかなか思い通りにいかなかったり暗い場所だとやっぱりカメラ性能にも不満を感じてた。

で、今回SONYから発表されたGPS-CS3KというGPSユニット。

CS3k.jpg


今までのGPSユニットでは記録したログをPCに取り込んでから写真に情報を付加しなければならなかったのだけど、これはPCレス。撮影したデータが入ったメモリカードをCS3Kに差し込むと自動的にGPS情報が書き込まれるそうだ。対応するカードもメモリースティクとSDカードとなっているのでコンパクトデジタルカメラでもデジタル一眼でも携帯電話のカメラでもなんでもOKだっていうのも嬉しいじゃない。

今年はGPSとデジカメとMacと携帯電話のリンクでしばらく遊べそうだね。

http://www.sony.jp/gps/products/GPS-CS3K/index.html

2009年02月26日21:00 | Comment(10) | TrackBack(0)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。