2008年11月03日


Life-Xってなんだ?

色んな場所で話題になっているSONYのLife-Xというサービス。少し気になったのでWebサイトを見てみると、こんな説明が。

日々のちょっとした感動を記録したコンテンツ、たとえば、携帯電話などで撮影した写真や動画、書き留めたメモやブログ、保存したWebニュース。これらが記録したコンテンツを、1ヶ所にまとめられたら、もっと便利。 さまざまな機器で見られたら、もっと快適。人と自由に共有できたら、もっと楽しい。その思いから生まれたのが“Life-X”です。


lifex1104001.jpg


現在はβサービス中で公開は11月中旬らしいんだけど、写真・メモ・Webクリップなどを記録、保存できFlickr、Picasa、フォト蔵、YouTube、TwitterなどのWebサービスとの連携も可能になるみたい。またGPS情報付きの写真を地図にマッピングできるマップビューという機能もある。もちろんメインはユーザがアップロードしたコンテンツを共有できるってこと。

残念なのは対応しているハードの少なさ。PCと携帯電話、液晶テレビ(ブラビア限定)PSP、PS3だけ。惜しい、実に惜しい。せっかくデジカメやデジタルビデオカメラのメーカなんだから、こっちも対応してくれないと。むしろメインにしてもいいくらいだ。

このブログではうんざりするほど、何度も何度もエントリーしているんだけど、こういうサービスって出先でリアルタイムに更新できるから面白いんじゃない?デジカメで撮った写真を自宅に持ち帰って、PCに読み込ませて編集してアップロードなんて作業をしてたら途中で面倒くさくなるし、コンテンツを見ている方だって面白さ半減だろう。

せっかくなんだから、デジカメで撮ったその瞬間にアップロードしたいのよね。写真やムービーにテキストでコメントを付けられたらもっといい。一言でいいからさ。

Webサービスの連携もいいけど、デジタル機器のネットワーク連携を先にやってほしいんだなぁ。できると思うんだよね、世界のSONYなら。

タグ:SONY Life-X
2008年11月03日20:50 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年09月29日


Panasonic LX3でソウルを撮る

先日訪れたソウルをPanasonic LX3で撮影してみた。今回は団体での行動だったので写真を撮る時間も限られていたのでほとんどの写真をiAで撮影。アスペクト比だけは変えて撮った写真はFlickr!でどうぞ。すべてjpegでのオリジナルファイルでアップロードしてる。

こっちはスライドショー




このカメラ24mmの広角でF値も2.0と明るいので、食事中や店内など薄暗い場所でもiAにダイヤルを合わせてバシバシ撮ることができる。感度もISO400位までは常用できるし、明るいレンズと強力な手ぶれ補正で何も考えずカメラに任せっぱなし。こりゃ本当に旅や夜遊びカメラにピッタリ。あまり大きなカメラを持ち歩くのも疲れちゃうしね。

ちょっと残念だったのは、以前に購入した同じPanasonicのFX35はポケットに入る程小さかったんだけど、FX3はちょっとサイズが大きくてズボンのポケットには収まらなかったのと、レンズキャップを撮ったり外したりするのが意外に面倒だったこと。まあこの辺は明るいレンズなので仕方がないんだけど。

といってもオートでバシバシ撮れるし、いざとなればマニュアル撮影もできるので、ハイエンドモデルの割には初心者にもお勧めしやすい機種なんじゃないかと思う。ちょっと大きさが気になるけどデザインもカッコいいしね。

Panasonic DMC-LX3

タグ:panasonic LX3
2008年09月29日23:21 | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年09月26日


100万円で映画を撮れるのか

muuさんのブログで紹介されていたキヤノンEOS 5D MarkIIのサンプル動画

5d0926004.jpg


写真じゃないよ、動画の切り出し。

こりゃスゴい、100万円くらい投資すればこれくらい撮れるのか?なんて妄想してたけど、メイキングビデオを見て浅はかな考えだということに気が付いてしまった。

まずこれ、カメラ周りの機材

5d0926005.jpg


続いてMac関係

5d0926003.jpg

5d0926002.jpg

5d0926001.jpg


あはは、絶対無理。100歩譲って機材を揃えたとしても、カメラもMacもソフトウェア関係も使いこなせないのは明らかだ。




でもまあ、コンシュマー機でここまでできちゃうよって意味では素晴らしい。夢は広がるね。さすがキヤノンだ。

2008年09月26日03:15 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年09月23日


マクロが難しいPanasonic LUMIX LX3

夜遊びカメラとして購入したLX3だけど、一日終わると疲れ切って夜出掛ける余裕もない。夜の写真はいずれということで、買い物ついでに近くの公園でマクロモードがどんなものかと、数枚撮ってみた。

ワイド側絞り開放

lx30923002


さらにトリミング

lx30923003




lx30923001


ちゃんと背景もボケるんだけど、被写界深度が浅すぎて液晶ディスプレイじゃピントが確認できない。3枚目なんて花にピントがいっちゃってる。

動かないモノならなんとか合わせられるんだろうけど、相手はじっとしていてくれないし風も邪魔するのでこういう写真を撮るのには不向きなのかも。ファインダーがあれば別なんだろうけど、だったら一眼レフ使えって話になる訳で。

慣れてくれば勘で撮れるようになるのかもしれないけど。

Panasonic LUMIX LX3 ブラック

2008年09月23日14:09 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年09月22日


OLYMPUSのMicro Four Thirdsコンセプトモデルがやたらとカッコいい

明日23日からフォトキナ2008が始まるのだけれど、オリンパスがMicro Four Thirdsのコンセプトモデルとして発表するカメラがとっても素敵。

20936.jpg


これレンズと比較してみると、ちょっと大きめのコンパクトデジタルカメラと変わらないんじゃない?

mft3.jpg


昨日カメラを買ったばかりの僕が言うのもあれだけど、これだよ、これ。やっぱりこのサイズでこのデザイン。もう余計なことしないでいいからこのまま出してくれたら本気で嬉しい。

ズームレンズも要らないしフラッシュも必要ないから、動画と手ぶれ補正の搭載だけお願いしますよ。

Olympus develops Micro Four Thirds camera

2008年09月22日22:23 | Comment(6) | TrackBack(0)

2008年09月21日


夜遊びカメラ Panasonic LUMIX LX3

iPhone 3Gのおかげで携帯電話に対する物欲がすっかり冷めてしまった今日この頃。そんな状況で矛先はカメラに向いてしまう訳で。

購入にあたっては色々な機種で悩んだけど、結局Panasonic LUMIX LX3を購入。このカメラの購入目的は夜遊びカメラとして活躍してもらうこと。特徴はなんといってもF2.0というコンパクトデジタルカメラにしては超明るいレンズが搭載されてる。

暗い場所で写真を撮るには三脚を使うとかISO感度を上げるとかシャッタースピードを遅くするとか方法はたくさんあるんだろうけど、やっぱり明るいレンズを使うのがいいよねって結論になった。

一眼レフにレンズを買い増そうかなとも思ったけど、夜遊びに一眼レフっていうのもイマイチいけてない。動画も撮れないし。

と言う訳で本日夕方到着したのでさっそく撮影してみた。

P1010014


いやー、本当に明るい。薄暗いカフェの店内でiAオートで撮ったんだけど全然ブレない。シャッター速度は1/30でISO感度は200。明るいレンズと強力な手ぶれ補正は夜遊びに活躍してくれそうだ。

今週はあまり時間が取れないので週末にでもたくさん写真を撮ってみる予定。やっぱりコンパクトデジタルカメラは少し尖った機種が面白いね。

Panasonic LUMIX LX3 ブラック

タグ:panasonic LUMIX LX3
2008年09月21日21:07 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年09月13日


秋はデジカメの季節だ

9月、10月は連休も多いし涼しくなって外出するのも億劫じゃない。色々出掛ける計画もあったりするし。ということでまたまたデジカメ欲しい欲しい病が発病してしまった訳ですよ。

今回悩んでいるのは、コンパクトデジタルカメラの2機種と新規格マイクロフォーサーズの1機種。

まずPanasonicから発表されたLUMIX DMC-G1なんだけど、マイクロフォーサーズという新規格に期待しすぎてしまったのか、思ったより大きめのサイズ。うーん、OLYMPUSのE--420と変わらない大きさってどうなんだ?SIGMA DP1くらいの大きさだったら最高だったのに。

001l.jpg


Panasonicは女性のエントリーユーザをターゲットにしているみたいだけど、どちらかと言えば一眼レフユーザのサブ機に向いているような気がしないでもない。

次、同じくPanasonicのLUMIX DMC-LX3。多分これが本命。なんて言っても広角側F2.0というレンズの明るさ。しかも24mmときたもんだ。サイズも大き過ぎず小さ過ぎず。レンズが剥き出しになっているのが気になるんだけど、フィルターでも付けてガンガン使っちゃうのがいいのかもね。

lx3001.jpg


以前購入して毎日持ち歩いているFX-35で操作のしやすさにも満足できているし。この辺はさすが家電メーカ。

本当は上の2機種を押さえて購入寸前までいったのが、NikonのCOOLPIX P6000。これGPSが搭載されていて、写真にジオタグが付けられる。外付けのGPSレシーバーを使えという話もあるんだけど、やっぱ面倒くさい。何個もデバイスを持ち歩くのは性に合わないのよ。

Nikon Coolpix P6000.jpg


昨日が発売日だったので情報集めて買いにいこうと思ったんだけど、デジカメ買う時にいつも参考にしているB-log Cabin TPさんに、ちょっとがっかりなレビューが掲載されていた。

B-log Cabin TP
Nikon COOLPIX P6000 の内蔵 GPS 作動チェック

そしてこの P6000 も、残念ながら遅い部類なのだ。当方が数回試した所では、都内ではうまくGPS 衛星を受信出来ないケースと、受信しても3分以上かかり、受信電波も弱めなケースが半々位であった。

マジ?3分はいくらなんでも厳しいんじゃ?デジカメって撮りたい時に撮れないと意味ないよね?被写体見つけて『3分待ってね』なんて言えないよー。モノならともかく人や動物、動くものなんて無理、無理。なのでこちらの機種は現物見てよっぽど気に入らない限り、対象外ということに。

あとは富士フイルムがどんな新機種を出してくるのかなんだけど、最近の機種を見る限り期待できないかもね。コンパクトデジタルカメラって写りどうこうよりも、特徴があるほうが面白い訳なんだけど、こうして比べてみるとLX3の出来が良すぎるといった感じか。まあ全部買わないという選択肢も残されているんだけどね。

2008年09月13日21:44 | Comment(2) | TrackBack(0)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。