2009年08月03日


EmergencyBatteryでiPhone 3GSに充電してみる

先日購入したEmergencyBatteryだけど、実際にiPhone 3GSに対し充電を行うとどの程度充電可能なのか試してみた。

iphone20090803001.jpg

■EmergencyBatteryとeneloopの組み合わせ
iPhone 3GS本体のバッテリー残量30%から充電開始:75%まで回復し充電終了

■EmergencyBatteryとアルカリ乾電池(Panasonic製)の組み合わせ
iPhone 3GS本体のバッテリー残量30%から充電開始:55%まで回復し充電終了

予想はしていたけどアルカリ乾電池での充電は最終手段というか、できれば使いたくないな。

アルカリ乾電池の単価は120〜130円/本が相場。1回の充電には3本の電池が必要なので400円近く使ってしまうことになる。しかも回復するのは25%程度。仮に0から100%まで回復させるとすると1200円も掛かってしまうことに。これは本当の緊急時だけと割り切って使うしかないだろう。

またAmazonの商品レビューにも書いてあるけど、最初はEmergencyBatteryに入れた電池が取り外しにくいのはマイナスポイント。指とか爪じゃ取り外せなくて結局ボールペンを使って無理矢理取り出すことになってしまった。ただ何回か出し入れしていくと、徐々に取り出しやすくなってくるんだけどね。

と言うわけで常用するにはやっぱりeneloop mobile boosterが今の所一番使いやすいのではないかと思うのでした。

Simplism EmergencyBattery for iPod iPhone
SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用)
SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形
SANYO リチウムイオンバッテリー KBC-L3S


タグ:iPhone
2009年08月03日23:03 | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年08月02日


iPhone 3GSのバッテリー環境を完璧にしたい

いつの時代もそうだけど、モバイルする時に最大の悩みはバッテリー。iPhone 3GSは3Gに比べバッテリーの持続時間は長くなったと感じるのだけど、サクサク動くようになった分利用する頻度は高くなった。

今まではeneloop mobile boosterでなんとか頑張ってきたけれど、一日中外出しているとバッテリー切れを起こすこともしばしば。

ということで、今回はSimplismのiPhone用充電器EmergencyBatteryを購入してみた。これの特徴は電池式のeneloopはもちろん、市販の乾電池でも利用できるっていうこと。

iphone3gs20090802002.jpg


つまりiPhone本体のバッテリーが切れそうになったらeneloop mobile boosterで充電、次にEmergencyBatteryのeneloopで充電。それでもバッテリーが切れてしまったらコンビニで単4電池を購入して充電できるという四段構え。

iphone3gs20090802001.jpg


どんなにiPhoneを酷使してもバッテリー切れに怯えることもなくなるだろう。なるべくなら乾電池を購入するまでに他の充電方法を見つけるべきだけど、やはりコンビニや駅の売店で購入できるというのは安心だ。世界中どこでも購入できるしね。

外出が多くあまり充電する環境がない人にはお勧めの充電器だと思う。

Simplism EmergencyBattery for iPod iPhone
SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用)
SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形
SANYO リチウムイオンバッテリー KBC-L3S

タグ:iPhone eneloop
2009年08月02日20:05 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年08月01日


ゴリラポッド for iPhoneの作り方

JobyからiPhone用の三脚が発売されるみたいだけど、すでに何個もゴリラポッドを持っているので更に買い増すのはもったいない。Webサイトを見るとどうやら吸盤を使っているらしいので自作してみることにした。

出来上がりがこれ。

iphone20090801001.jpg


雲台部分はこんな感じでかなり安定してる。吸盤の力はすごいぞ。

iphone20090801002.jpg


用意するもの
吸盤:なんでもいいんだろうけど今回はYHTの立穴式吸着盤を利用した。サイズは30MMを購入。Webでも買えるけど東急ハンズでも売ってた。100円だったかな。

止ネジアダプタ:三脚穴として使う。これはヨドバシで220円で売ってる。

iphone20090801003.jpg


作り方
止めネジアダプタを吸盤に押し込むだけ。ちょっと入れにくいけど強引に入れれば大丈夫。作業時間30秒ってところ。

後は三脚穴に入れてiPhoneと吸盤を付ければ完成。


iphone20090801004.jpg


もちろん三脚穴はほとんどの三脚で共通なので三脚の種類を選ぶこともなく利用できる。ただ、ゴリラポットは自由に折り曲げられるし、持ち運びも楽なのでiPhoneとの相性は良いかも。サイズ違いで何個か持っていてもいいかもね。

ということで既にゴリラポットを持っている人はもちろん、これから購入しようと思っている人は是非試してみて。300円ちょっとできるから気軽に試せると思いますよ。

ケンコー JOBY ゴリラポッド

タグ:iPhone
2009年08月01日18:43 | Comment(6) | TrackBack(2)

2009年07月31日


iPhone 3GS、7月のパケット通信料は262万円

以前にiPhone 3GSを使い出したらデータ通信量が1.8倍になったというエントリーを書いたのだけど、結局7月の通信料金は割引前で262万円となった。

iphone20090731.jpg


iPhone 3Gを利用していた直近5月、6月はそれぞれ130万円、126万円分だったので、ちょうど2倍のデータが流れたって訳。自宅でWi-Fiを使っていなければもう少し多かったのかも。

利用時間はほとんど変わっていないので単純に考えれば2倍の情報を送受信したことになる。3GSになって大きく変わったのはやっぱり動画を送信できるようになったことくらいか。ちなみにテザリングは使っていない。

まだ3GSに買い増ししていない人、今までと同じ時間iPhoneを使えば、得られる情報は2倍になるかも?迷っているなら是非買い増しをすることをお勧め。

タグ:iPhone
2009年07月31日23:49 | Comment(2) | TrackBack(0)

2009年07月30日


iPhone用雲台 0円

動画も撮影できるようになったiPhone 3GS。手振れ補正が付いているわけではないのでやっぱり三脚に取り付けたくなる。

ということでこれ。(写真ピンぼけ)

iphone20090830001.jpg


取り付け方法。
キッチンのシンクに行き、スポンジを置いておく台?から吸盤を取り外す。以上

裏側はこんな感じ。

iphone20090730002.jpg


何故だかわからないけど吸盤には穴が空いてる。その穴が三脚のネジに対して、いい感じのサイズだったのよね。しかも吸盤は意外なほど安定してiPhoneに吸着してくれる。

不安なのは吸盤と三脚の接続部分。吸盤はゴムなのである程度ネジと噛み合ってくれるけどカメラの三脚穴ほどきっちりとしてくれる訳ではない。

実はこれ洗い物をしていた時になんとなく思いついたもの。実際に付けてみたらピッタリだっただけなので、次回はもう少し工夫して安定するように作ってみたいと思う。

【追記】
と思ったらJobyからこんなに便利そうな商品が出るのね。素直にこっち買った方が良さそうだ。

Gorillamobile - Joby.jpg


Gorillamobile


タグ:iPhone
2009年07月30日23:19 | Comment(2) | TrackBack(1)

2009年07月28日


iPhone 3G、もう一つの使い道

以前にiPhone 3GとiPhone 3GSの2台持ちが便利というエントリーでiPhone 3Gを動画専用機にして使ってると書いたのだけど、折角なので外出先だけではなく自宅でも活用することにした。

自宅のデスクの環境はMacBookと外付けのモニタが置いてある。以前は外付けモニタを作業用に、MacBookのモニタにメールという使い方をしていたのだけどTwitterの利用頻度がメールよりも多くなってきたので構成が変わってきた。

今は外付けモニタを作業用に、MacBookにはTwitter用クライアントのTweetDeckを使うようになった。これで不便になったのがメール着信の度に作業用のモニタでブラウザを表示させて、メールを見る必要が出てくる。

例え必要のないメールが来ても、わざわざブラウザを表示させなきゃいけない。これが意外に面倒。本当はもう一台モニタを買おうかと思っていたのだけど、さすがにトリプルディスプレイは邪魔になりそうなので、自宅では利用していないiPhone 3Gを3つめのモニタとして活用することにした。

iphone3g20090728.jpg

こんな感じで外付けモニタを作業用に、MacBookにはTweetDeck、そしてiPhone 3Gはメーラを表示しっぱなしにした。もちろんiPhoneにはSIMは入っていないのだけどWi-Fiに接続されているのでメールはプッシュで受け取ることができる。

着信があったらiPhoneの画面をちらっと見て、差出人と件名だけ確認しリプライの必要があればMacのブラウザから返信。必要のないメールの場合はそのまま放置。IMAPメールを利用しているのでMacのブラウザ側から既読のフラグを立てればiPhone側も既読になる。なのでiPhoneに触れる必要は全くない。単純にメールの新着通知と差出人、件名の確認だけ。

なんかとても贅沢な使い方のような気もするけど、メチャクチャ便利になった。3個目のモニタ代わりには十分な性能だ。

メールだけじゃなくて頻繁にスケジュールが変わる人はカレンダーにしてもいいし、写真が好きな人ならデジタルフォトフレームの代わりにしてもいい。
3GSに買い増しして余った3Gを放置していても勿体ないので、3Gは電話以外の機能で活用してみるのもお勧め。

タグ:iPhone
2009年07月28日23:54 | Comment(3) | TrackBack(0)

2009年07月27日


iPhoneとPosterousとGoogple MapとTwitter

昨日もPosterousとiPhoneの話題だったけど、今日も続けて。PosterousにはGoogle MapのリンクURLを送ると自動的にGoogle Mapの地図を表示してくれるサービスがある。
単純にGoogle Masのリンクをコピペしてメールで送るとエントリーにGoogle Mapを表示してくれるだけなんだけど、これをiPhoneで行うとすごく簡単。

まずiPhone標準のMapからGPSで自分の位置を表示するか、ピンをドロップして場所を共有するをタップ。するとメーラが立ち上がりピンをドロップした位置の情報が添付される。そのままPosterousへメール送信すると自動的にGoogle Mapが表示されるって訳。

iphone20090727002.jpg


ついでに写真や動画も添付してしまえば、写真と地図の同時表示ができちゃう。こんな感じでサイト上に表示と同時にTwitterへの投稿も自動的に行われる。ちなみにiPhoneからMapのリンクをタップすると地図アプリが立ち上がる。

post0727001.jpg


iPhoneではGPSのジオタグ情報を記録することができるけど、もう少し簡単に位置情報を知らせることができるね。

auでも同じようなことができるけど、地図表示ではなく地図へのリンクだけなので、Posterousの方が見やすいと思う。これからのWebサービスはiPhone、Twitter連携は必須になるんじゃないかのなと。

http://posterous.com/

2009年07月27日21:51 | Comment(0) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。