2008年01月15日


ホワイトコール

ソフトバンク、携帯―IP電話の通話無料・グループ内でという記事より

ソフトバンクは4月をめどに、自社グループで提供する携帯電話とIP(インターネットプロトコル)固定電話の間の通話料を日本で初めて無料にする方針を固めた。例えば固定から携帯の場合で1分16円以上と固定同士などに比べて高い携帯・固定間の通話料に引き下げ圧力が強まるのは必至。両事業を実質的に一体運営して幅広く顧客を取り込む狙いで、NTTグループやKDDIの経営戦略にも大きな影響を及ぼしそうだ。
「ホワイトコール」と名付ける新たな無料サービスは1700万件超のソフトバンクモバイルの携帯電話加入者と、高速インターネット接続サービス「ヤフーBB」で提供するIP電話「BBフォン」に加入する500万件弱の顧客間の通話が対象となる。


一部企業などでは既に導入されていたソフトバンクの携帯電話と固定IP電話の無料通話ですが、BBフォンユーザも対象になるようです。

僕の自宅はマンション指定のNTT系列のプロバイダを利用しているので、対象にはなりませんが今後他キャリアも採用してくれると固定電話の利用価値も高まってきます。

全通信、全通話定額になる日もそう遠くはない?
2008年01月15日08:48 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年01月10日


タイで携帯電話を契約してみよう

タイでの旅行ネタをエントリーしていたら複数の方からタイでの携帯電話の契約についての質問がきましたので、エントリーしてみます。
契約自体は日本に比べるととても簡単です。料金プランや割引サービスなど日本のキャリアのように複雑怪奇ではありません。
タイ語も英語も話せなくて大丈夫です。パスポートとお金だけあれば契約できちゃいます。

以下は僕が一番簡単だと思った方法です。
まずBTSのシーロム線に乗って、National Stadiumという駅で降りましょう。BTSへの乗り方がわからなければタクシーを使ってください。「まーぶんくろんせんたー」って言えば連れて行ってくれます。
駅を降りるかタクシーを降りるとMBKと書かれた大きな看板があるはず。地図の1番の場所です。


thai20080110005.jpg


thai20080110004.jpg


この建物にたくさん携帯電話が売っています。
建物に入ったらエスカレーターかエレベーターで4階に向かいます。するとショーケースの中に山ほど携帯電話が並んでいる携帯電話屋さんがたくさんあります。

お店の中の雰囲気は、こちらのレポートでわかると思います。
アジア最大級の携帯マーケット"MBK"に圧倒されてきました!

適当に一回りして相場観を掴みます。中古の1,000バーツ〜30,000バーツを超える携帯電話があるので予算と好みに合わせて選んでください。欲しい携帯電話が見つかったら店員さんに声を掛けて値段を聞きます。聞き方は「はうまっち?」で十分です。電卓叩いて価格を教えてくれるので納得できれば購入してください。

タイは日本と違って携帯電話と回線の契約が別なので別途SIMカードを購入する必要があります。100バーツくらい。
大抵同じお店に売っていると思うので、こちらも同時に購入してください。いくつか携帯電話事業者がありますが適当で平気です。僕はDTACという事業者を選びました。

thai20080110001.jpg


写真のようにクレジットカードサイズのカードにSIMカードが入っています。これは日本のFOMAカード等と一緒です。僕はこのSIMカードを購入する時にパスポートは掲示しませんでしたが、求められる事もあるみたいです。このカードを携帯電話に入れることによって通話が可能になります。

ついでにプリペイドのリチャージカードも購入します。日本と違ってプリペイド方式なので最初にチャージする必要があります。
よくわからなければ、これらの作業も店員さんにやってもらいましょう。残高がなくなったらコンビニで購入する事も出来ます。

thai20080110002.jpg thai20080110003.jpg


リチャージ方法はカードの裏面に書いてあるのでそれに従ってください。大抵は後ろのスクラッチをコインで削って出てきた番号を入れればチャージできます。日本のプリペイド携帯電話と同じ要領です。チャージが完了するとSMSが飛んできて残高を教えてくれます。

これで終わり。もう通話が可能です。当然メニュー画面は日本語は使えないので英語になると思いますが、通話だけであれば日本の携帯電話と全く同じ。番号を押して通話ボタンを押すだけです。

携帯電話があれば旅行が何倍も楽しくなると思います。携帯電話本体も通話料も安いので是非現地の携帯電話を使ってみてください。
2008年01月10日18:49 | Comment(9) | TrackBack(0)

2008年01月08日


D905iで国際ローミング

905iシリーズからようやくGSMが利用できるようになったドコモの携帯電話をバンコクで試してみました。
使い方は簡単。現地に到着したらメニュー>国際ローミング>ネットワークサーチ設定>オートとするだけ。あとは端末が適当にローミング先の現地キャリアを探してくれます。

d905i20070108001.jpg


ローミングが完了すると、2通のSMSが飛んできます。
1通はローミングが可能になり日本と同じ電話番号で利用できますというお知らせと、もう1通は盗難・紛失の際の連絡先です。

d905i20080108002.jpg 20080108003.jpg


あとは掛けたい相手の電話番号をダイヤルするだけです。プレフィックスは自動で設定されるので普段使っている電話帳から発信すればOK。
i-modeも利用する事が可能でしたがGPRSしか利用できないようですので通信速度は非常に遅いと感じました。

GPSについては全く使い物になりませんでした。GPSを起動すると「海外での利用は正確な位置が表示できない事があります。利用しますか?」みたいな警告がでます。はいを選び数十回トライしましたが、いずれも衛星捕捉できず失敗に終わりました。場所を変えても時間を変えても同じ結果だったのでほぼ使えないと思っておいた方が良いと思います。

また通信料金、通話料金ともに非常に高額なので緊急事以外の利用はお勧めできません。もちろんデータ通信やi-modeは定額プランの対象外ですし、掛かってきた電話も日本から現地までの通話料は自分に課金されます。
僕は最初の1日だけ検証の為に立ち上げて日本には現地の電話番号を教えて、電源を切ったままにしておきました。
SIMロックさえなければ音声通話、SMSやGmail、フルブラウザが使えて結構便利だと思うんですけどね。
タグ:DoCoMo D905i
2008年01月08日12:38 | Comment(0) | TrackBack(0)

DoCoMo PHSサービス終了

NTT DoCoMo PHSサービス終了のお知らせというプレスリリースより

ドコモでは、2008年1月7日をもちまして、「PHSサービス」を終了させていただきました。
長い間ご愛顧賜り、誠にありがとうございました。
ドコモは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


約14年間続いてきたPHSサービスが終了してしまいました。
NTTパーソナル時代から今まであっと言う間だったような気がします。64kのデータ通信が始まった頃は携帯電話は通話に、PHSはデータ通信にと棲み分けが上手くできていた時代もありました。
データ通信カードのP-inシリーズや、Bluetoothを搭載していた633Sはかなり長い間使っていました。
@Freedもかなり重宝して使っていたことを思い出すと感慨深い物があります。

でもいつの時代も主役は携帯電話でした。携帯電話よりPHSの方が優れている点もたくさんあったのに…
また他の国からも注目される事もなく、日の目を見ずに終わってしまったのは少し残念な結果です。
タグ:DoCoMo PHS
2008年01月08日11:34 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年12月27日


microSDHCカード 4GB

SandiskのmicroSDHCカード 4GBを手に入れたので、どの機器に対応しているか検証してみました。

まずデジタルカメラから。
GR DIGITAL II
こちらはSDカードへのアダプタを装着する事で問題なく認識。
書込みや読み出しもOK。

CASIO EXILIM EX-V7
こちらもSDカードへのアダプタを装着する事で問題なく認識。
書込みや読み出しもOK。

両者ともにSDHC対応を謳っているので当たり前と言えば当たり前。

次に携帯電話。
Nokia N95は特にSDHC対応ではありませんが無事認識。
ネット上では既に報告が上がっていたのでこちらも安心して使えそう。

n9520071227001.jpg


D905iは2GBまでしかサポートしていないようですがこちらも認識。
書込みと読み出しも問題ありませんでした。

d905i20071227001.jpg

これでmicroSDHCをHUBにして携帯電話とデジタルカメラ、Mac、PCとのデータのやり取りが簡単になりました。
GR DIGITAL IIでは最高画質で1,000枚の写真が撮影できるので小旅行であれば外部のストレージやPCにバックアップする必要もなさそう。

microSDカードは現在2GBが一番コストパフォーマンスよさそうだけど、あえて4GBを選んでみました。8GBだと少し高い気がするし、2GBだと容量が心配。過去の経験上4GBが一番長く使えるような気がします。

ただ本体が小さい大容量メディアは紛失だけには気をつけないとね。紛失した時のリスクが多過ぎ。
2007年12月27日11:38 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年12月25日


GoogleとDoCoMo

ドコモ、グーグルと提携・ネット検索メールなど、新サービス開発という記事より
NTTドコモはインターネット検索世界最大手の米グーグルと提携する。来春にもグーグルの検索やメール機能をドコモの携帯電話向けネットサービス「iモード」に組み込むほか、グーグルの技術を活用した新機能の開発や新型端末の導入を検討する。ドコモは自社で通信のインフラからサービスまで一貫して手がける路線を転換。iモードを事実上他社に開放して携帯とパソコンが垣根を超えてサービスを共有できる環境を整え、KDDIなど競合他社に対抗する。


飛行機の中で日経新聞を見て知りました。
これがGoogle、NTT DoCoMoを買収!などと言う記事だったら小躍りして喜んだんだけどなぁ。

多分検索とかGmail、Google MapsなどのGoogleアプリを使えるようにするんだろうけど、できればGoogle主導で動いて頂きたいなと。

取り急ぎ、制限だらけでどうにもならないimodeは廃止を希望。
インターネットはフルブラウザだけを利用するようにして、メールはGmailがPUSH配信されるようにしてもらって。
ユーザには100GB程度のストレージも100円/月位で提供と。

それと端末内のスケジュールとGoogleカレンダーの同期、Gmailの連絡先の同期も可能にしてね。携帯で撮影した写真もすぐさまPicasaにアップロードしてくれると、なお嬉しい。
そうだ、GoogleTalkも使えるようにしてもらわないと。

最後に端末価格は高くても良いからSIMロックは廃止してくださいね。
タグ:DoCoMo google
2007年12月25日18:06 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年12月23日


D905iのGPSが絶不調

ここ数日間D905iのGPSの調子がが非常によろしくない。
気が付くと衛星を捕捉しておらず、電源を入れ直さなければ再捕捉出来ない。挙句の果てに昨日の夕方から電源を入れ直しただけではダメでSIMカードを抜き差ししてようやく使えるようになったり。

実はD905iで撮影した写真に位置情報を付加するには撮影した写真を保存する前にGPSで現在位置を取得する必要があるんだけど、この時にGPSが使えない状態だと電池を外してSIMカードを抜き再度電源を入れ写真を撮り直す必要が出てくる。

これは非常に困った問題。
本体やmicroSDに一旦保存した写真データに位置情報を付加することはできないし、同じ写真なんて2度と撮れない。

この件でドコモ中央へ問い合わせたところ、「同じような事象は確認できていない、ドコモショップで修理または交換するように」とのこと。

で、ドコモショップに問い合わせると、「同じような事象が起きているユーザが多くいる。端末を交換することは出来るが交換しても直る保証はない」と。

ついでに島根県に来ているのでドコモ中国に電話をしてみると「同じような事象は確認しているが我慢して使ってもらうしかない。メーカは不具合としては認識していない」と。

さすがドコモ。人によって言ってることが全然違う。と言うか全く逆。
せっかく高解像度のディスプレイで地図を見たり、写真に位置情報を付加する楽しみを知っただけに何だか腹立たしい。

やっぱりダメだな。ドコモ。
タグ:DoCoMo GPS
2007年12月23日13:26 | Comment(3) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。