2008年06月06日


電話とメールが簡単にできる。そのうえ価格が安い。これでいいのよ!

「バカボンパパ」流で楽なのだ

ノキア1100シリーズは、ロシア、インド、中国など新興国向けに開発されたものという。
しかしヨーロッパでもヒットした。その理由は、同様に1100ファンである近所のフォトグラファー、フランチェスカの言葉に集約されている。

 「電話とメールが簡単にできる。そのうえ価格が安い。これでいいのよ!」

たとえイラスト入りメッセージが作れなくても、カメラがなくても不便がないことをヨーロッパの人々は悟り始めたのだ。お金が浮いたぶん、いつも食べるパスタをひとつ高いものにしたほうが幸せを感じる度合いが高い可能性だってあるのだ。

携帯電話の電波が入らない場所は不安だけど、電波が入らないレストランでは食事や会話に集中できるし、飛行機の中ってリラックスできたりする。テクノロジーは絶えず進化して、それに応じて人々のライフスタイルも大きく変化するけれど、テクノロジーを使っているつもりで使われてしまっているのかも。

たまには携帯電話を持たずにおいしい食事やお酒を楽しむような週末を過ごしてみるのもいいのかもしれない。

2008年06月06日14:43 | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年06月03日


そろそろ引き算でもしてみませんか

ドコモ、au、ソフトバンクと各社出揃った夏モデル。相も変わらず同じようなデザインで色んな機能がてんこ盛り。

あれもこれもと足していくと結局同じような機能とデザインになってしまうのでしょうねぇ。全機種ハイエンドにする必要ないのにね。もう少し派手にやってくれるメーカがあればいいのに。

例えばこんな機種。通話とSMSしかできないNokia 1200。

nokia1200.jpg


それとこんな機種。Apple iPhone 2.0の想像図。

Twist_presentation.jpg


液晶もモノクロでWebもEmailも出来ないけど安くて軽くてバッテリーライフも長くて安定している携帯と、WebもEmailもテキスト打ちもPIMも完璧にこなしてくれる携帯電話。両極端だけどこういう組み合わせが理想なのかな、なんてね。

2008年06月03日22:32 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年06月02日


携帯電話は1台で運用したい!

モバイラーのみなさんがワガママなモバイラーっぷりをブログで紹介されているようなので僕も便乗して。

■携帯電話
D905i(仕事用)
Nokia N95 or SAMSUNG 820SC(プライベート用)
iPhone(iPodとして)

■デジタルカメラ
Panasonic FX-35

DSC00131.jpg


間違えて白黒で撮影。撮り直すのが面倒なのでそのままアップしちゃいます。

iPhoneを携帯電話としてカウントすると3台。でもiPodを持ち歩かなくなったので持ち歩いている台数は普通の人と変わらないと思います。

この他に会社支給のノートPCを持ち歩いていましたが、今月から社内のセキュリティーポリシーが変更になり、ネットワークに接続しないとOSを立ち上げることすら出来なくなったので社内に置きっぱなし。携帯電話の充電器も会社と家にそれぞれ待機。

iPhone 3Gが発売されればNokiaとSAMSUNGは自宅に待機させて2台体制で運用する予定。さすがにプライベートと仕事の携帯電話を同じ番号にするのは無理なので2台体制は仕方がないのかも。iPhoneにSIMが2枚入れば1台体制も可能なんだけど、ちょっと無理っぽい。

いつまで経っても理想のモバイル環境って実現しないものなのです。

2008年06月02日18:51 | Comment(6) | TrackBack(0)

インドネシアの携帯事情

Durian Cafe in Jakartaさんが、インドネシアの携帯電話とインターネット事情について詳細に解説されています。

旅行や出張で海外に行くときに一番心配なのが通信です。特に海外では携帯電話が使えなかったりインターネットに繋がっていないと自身の安全にまで影響します。

事前に色々調べたりはするのですがインターネットでは情報が古かったり断片的だったりします。現地のキャリアやプロバイダーの比較をするのも大変。

その点このまとめ記事は素晴らしい。携帯電話の契約から設定まで必要なことが全て書かれています。

■第1章 携帯とモバイルの基礎

1.携帯の電波の種類(通信方式)
2.キャリアとの契約とSIMカード
3.日本と海外で携帯使い分け

■第2章 インドネシアで携帯とインターネットを使う

1.ジャカルタの携帯電話環境
2.インターネットプロバイダー
3.携帯を使ったインターネット接続
4.ジャカルタでのGPRS設定
5.ジャカルタのWLANホットスポット
6.ジャカルタのモバイルショップ

実際に現地で生活されている方に、情報を発信していただけるのは本当にありがたい。
日本を含めた各国の携帯電話事情との比較もできるので非常に勉強になりました。


2008年06月02日12:23 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月29日


I-O DATAから携帯電話用Bluetoothキーボードが発売

NTTドコモの携帯端末「SH906i」「SH906iTV」に対応したワイヤレスキーボード

本製品は、短距離無線通信規格Bluetooth(ブルートゥース)のバージョン2.0に準拠したワイヤレスキーボードです。文字入力を行う際に必要となる通信プロファイル「HID 1.0」を搭載したモバイル機器やゲーム機器との接続により、パソコン同様のタッチタイピングを実現します。フルブラウザや高解像度液晶ディスプレイを搭載し高機能化した最新携帯端末をフルに活用した、長文メールの作成や、blogの更新をタイムリーに外出先で行うことができます。
ファンクションキーやコンビネーションキーとの併用を前提とした独自キー配列により、横幅約15cm × 奥行き約9cm、質量約180gのコンパクトサイズを実現しました。また、モバイルシーンでの利用を想定し、単4形アルカリ乾電池2本で2〜3ヶ月間駆動※1するスタミナ設計です。さらに、筐体にはアルミを、キーボードにはパンタグラフ方式を採用し、末永くお使いいただけるよう質感にもこだわり開発しました。


kyebo03.jpg

Bluetoothバージョン:2.0+EDR準拠
Base Band Chip:CSR Blue Core 4
搭載プロファイル:HID 1.0,GAP
登録デバイス数:5件まで登録可能

英語キーボードなのですっきりしたデザインに見えるけど、ここまでサイズを小さくする意味があったのか疑問。
サイズはB5ノートくらいでいいから薄くしてくれればタッチタイプもできて使いやすいと思うのだけど。Apple Wireless Keyboardくらいの大きさと薄さが丁度いいと思うのです。ビジネスバッグに入れば持ち運び時には大した違いはないだろうし。

SH906iって割とマトモなBluetoothプロファイル搭載してる?
6月11日発売で価格は15,700円だそうです。

2008年05月29日21:10 | Comment(5) | TrackBack(0)

ついに出た。Google Androidのデモ画面

androidcommunity.comにGoogle I/OでのGoogle Android基調講演の動画が公開されていました。

待受ロック解除操作。この発想はなかった。4桁とか8桁の暗証番号を入れるよりセキュリティー的にもユーザ側にもメリットが多そう。
UIは見た感じiPhoneそっくり。ブラウザの操作感もSafariをかなり意識しているようです。GoogleのTopページなんてiPhoneと同じ。



個人的に感激したのがこのGoogle street viewです。GPSとの連携ももちろんですが、携帯電話の動きと同時にビューも追随しています。
これどうやってるの?



Google Mapsの描画も高速。



一年も前に発表されたiPhoneと比べるのもおかしな話だけど、3GはもちろんGPSも搭載しています。Google Androidは思っていたよりインパクトありそう。

まぁ、次世代iPhoneでは更に驚くような機能やサービスが搭載されてくるのでしょうけど。

タグ:google android
2008年05月29日19:18 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月28日


ホームUって便利なの?

パケット通信が無料になったり、通話が割安(一部無料)だったりと少し面白そうなドコモの「ホームU」ですが、利用するにはかなりハードルが高そうです。

■条件
利用可能機種:N906iL限定
利用可能回線:マルチセッション対応回線(NTTのフレッツ系)
無線機器:ホームU対応無線機器のみ(1万円以上?)
利用料金:1029円/月
料金プラン:パケホーダイの契約必須
設定:専用のユーティリティーソフトが必要(Windowsのみ?)

050番号が付与されるようなのでサービス料金の1029円は理解できるのですが、パケホーダイの契約が必須というのがよくわからない。ユーザ側からすれば定額範囲ならばパケット網を使っても無線LANを使っても料金的なメリットはなし。54Mbpsで通信できるというのがメリットなんだろうけど、携帯電話でそこまでの通信速度を必要とするコンテンツも思いつかない。

あとは無線LANルータを持ち運んで、出先でも海外でも無料通話ができるのかなと思ったけど、固定の回線に制限があるようなのでこれもほぼ無理。自宅限定のサービスになってしまいそうです。

初期投資でN906iLとルータとブロードバンド回線の契約をして、ランニングコストが1回線最低でも6000円以上。
無線やインターネット回線を使うのでクオリティーを維持するのはかなり難しいとは思うけど、料金的に考えても一般のユーザが気軽に契約できるものではなさそう。

まぁFMCの先駆けとして、今後に期待するしかないのかもしれない。でもSkypeなどのVoIPアプリを携帯電話で使った方が早い気がしてきた。

2008年05月28日13:09 | Comment(2) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。