2008年11月30日


直感的ってなんだ?

HT-02Aを1日触ってみた感想。まずは、こちらのkomさんのエントリーを思い出した。

タッチパネルだから直感的というまやかし
タッチパネルが担保しているのは直接的操作であって直感的かどうかはGUI設計次第ですぞ!
例えばiPhoneのホーム画面のアイコンは、長押しすると配置を動かせるようになりますが、これを人に聞いたりせずに(つまり直感的に)理解できた人ってどれだけいますかね? 
タイトルバーをタップで一番上に戻るTipsとかも同様。まぁどちらも「知らなくてもあまり困らない操作」なのでクリティカルではありませんが、細心の注意を払っている(であろう)iPhoneですら「直感的でない操作」も存在します。一方で、時計回りで拡大/反時計回りで縮小なんてどこが直感的なのか


まさにこの通り。何でもかんでもタッチパネルにすればいいってものでもないということを、HT-02AとiPhoneを使ってよくわかった。

例えばこのホーム画面。

iPhone_htc.jpg


iPhoneはどのアイコンを押せば何が出来るのかということが、カラフルでわかりやすいアイコンを使うことで上手に表現されてる。

対してHT-02Aのホーム画面。画面の約3分の1が時計で占領されてる。時計って携帯電話を使う上でそんなに重要?こんなものにアニメーションなんて使う必要は全くないと思うのだけど。

アイコンも折角のカラー液晶なのにわざわざ白黒にしてユーザに対する情報量を少なくしている。しかもアイコンだったり文字だったりわけがわからん。なんで予定表だけ文字とアイコンを使うのかね?

で、次にメールのセットアップ。

iPhone_htc002.jpg

iPhone_htc003.jpg


上がiPhone、下がHT-02Aの設定画面。これもどっちが直感的かすぐにわかるよね?iPhoneは入力すべき情報が一画面に収まっている。HT-02Aはメールアドレスを入れてスクロールバーを下まで動かさないと次に入れる情報が何かってことがわからない。

さらにイライラさせるのが、メールアドレスの入力画面なのに、キーボードのデフォルト表示が数字。メールアドレスって数字よりアルファベットを使う方が圧倒的に多いよね?なんでアルファベットを先に表示しないかなぁ。

日本語の表現方法にも混乱させられる。アドレス帳で新規のアドレスを作成しようと思ったんだけど、携帯電話が表示する指示は『新しい連絡先を作成するには、[新規作成]を選択します。』ってなっている。で、メニューをタップしてもそんな表示はされていなくて『新しい連絡先』ってなっているだけ。

iPhone_htc004.jpg


これじゃ、わからないから。わざわざ違う表現にするメリットって何?統一した方がわかりやすいと思う方が間違っているの?

また動作ももっさりなので、一つ一つの操作にイライライライラ。iPhoneが電話機として最高に優れているとは思わないけれど、もう少しユーザビリティというものを意識してくれないと触るのはもちろん視界に入れる事すら憂鬱になってくる。

本来人間の生活を助けるべき携帯電話が、逆にストレスの元になったら全く意味無いから。


タグ:HT-02A
2008年11月30日17:24 | Comment(8) | TrackBack(0)

HT-02Aの気になる所

昨日到着してしばらく立ち上げることができなかったHT-02Aだけど、Twitterで色々教えてもらいながら弄っていたら無事に立ち上げることに成功した。
どういう操作をしたのか自分でもわからず、再現も出来ないのでここに書けないのが残念な所。

で、早速レビューをと思いまずは写真を撮ってみた。

htc_20081130001

htc_20081130002

htc_20081130003

htc_20081130004


写真を撮る時には結構気を使って撮るのだけど、この機種、ビックリする程指紋とホコリが目立つ。きれいに撮ろうと一生懸命拭き取るのだけど、拭き取ったそばからベトベトになってしまう。しかも拭き取りにくい。

htc_20081130005


こんな風に一瞬にしてダイヤモンドの輝きが失われてしまう。タッチスクリーンだから画面には常に触れていなくちゃいけないのにこれだと辛い。
iPhoneやOMNIAも同じタッチスクリーンだけど、ここまでベトベトにならないし、拭き取りもしやすいのだけどねぇ。
できれば、白や赤など汚れが目立たないカラーバリエーションを揃えてくれるとありがたいのだけど。

タグ:HT-02A DoCoMo
2008年11月30日13:12 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年11月29日


HT-02A

ドコモのHT-02Aが到着した。
久し振りのWindowsMobile端末。そして初めてのHTCの携帯電話。

htc1129001.jpg


立ち上げ方すらわからず。電源入れても写真の画面のまま進まない…
前途多難な気がしてきたぞ。


タグ:HT-02A
2008年11月29日18:23 | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年11月14日


HT-02Aに触ってきたよ

僕に取ってWindowsMobileはかなりの鬼門。古くはVictor InterLinkCE、DoCoMo GFORT、Sigmarion、Pocket Postpet、hp 2110、最近ではWillcom W-ZERO3 esなどなど使ってきたけど、どれもイマイチ使いこなせずに放置してしまった。肌に合わないというか、何というか。

再度勉強してみようかと、「Touch Diamondと考えるスマートフォンの未来」ブロガーミーティングにお誘いいただいたので参加してきた。

今回デモ機として用意されていたのがドコモから発売予定のHT-02Aという機種。既にソフトバンクとイーモバイルからは発売済みとなっているので使われている人も多いと思う。別名HTC Diamondだね。

以下写真を何枚か。イーモバイルとの違いはダイヤモンドカットだということか。個人的にはこっちの方が好き。ただ指紋が異常に目立つので写真が汚い。一生懸命拭いたんだけどどうしても指紋が残っちゃう。

ht02a_001.jpg

ht02a_002.jpg

ht02a_003.jpg

ht02a_004.jpg

ht02a_005.jpg

ht02a_006.jpg

ht02a_007.jpg

ht02a_008.jpg


製品について説明いただいたのはマイクロソフトとHTCの責任者の方。ちょっと残念だったのは、やたらとiPhoneが引き合いに出されていた事。ことあるごとに、機能比較をしていたのが非常に印象に残った。タッチスクリーンだからiPhoneと比較しちゃうのかなぁ。個人的にはiPhoneとは全く別物という印象を受けたんだけど。

タッチやスクロールの感じはiPhoneのそれを期待すると裏切られると思う。僕はiPhoneの感覚に慣れているせいか、動作にかなりのストレスを感じた。表現が難しいけど、タッチしてからプログラムの起動タイミングが遅いというかもっさりというか。多分表現の仕方が違うだけなんだと思うけど、iPhoneのようなサクサクした感じはない。

また説明員の方は片手で使えるということをアピールしていたけど、スタイラスがある時点で片手操作はかなり難しいと思う。少なくとも電車の中で立って使うのは相当な訓練が必要じゃないかと。

で、肝心の『スマートフォンの未来』についてのディスカッションなんだけど、これは次回のミーティングまでお預け。マイクロソフトとブロガーが考えるスマートフォンの未来ということで、こちらのディスカッションにも大いに期待したいと思う。

タグ:HT-02A
2008年11月14日01:32 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年11月10日


ノートPCを半日持ち歩くと手がマメだらけ

今日は客先プレゼンだったので久し振りにノートPCを社外に持ち出した。持ち出し専用のノートPCなんだけど、サイズは14インチで重さは3kg近くある。おまけにジュラルミンケースに入っているので総重量は5kgほど。なんで14インチかというと大きい方が失くしにくく、かつ盗難にあいにくいからという発想らしい。

4時間近く持ち歩いた結果の手がこれ。マメだらけ。いやー、セキュリティーを重視するのって疲れるものなのねぇ。

te1110002.jpg te20081110001.jpg


左手は少しだけ。右手がひどい。

PCの中には暗号化された数メガバイトのPowerPointデータが入っているだけで後は空っぽなんだけど、失くしたり盗難にあうこと自体が問題なんだから仕方ない。Saasやシンクライアントが普及してもこの流れ変わらないものなのかなぁ。

情報は身を削ってまで守るものなのだろうか?ってひ弱過ぎなのが問題か。

2008年11月10日21:25 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年11月02日


This is my office.

三連休の二日目。昨日は先週の疲れを取る為にゆっくり休養。今日の午後から山ほど溜まっているメールのリプライだとか、撮り溜めた写真の整理などの活動を始めたんだけどちょっと飽きてきたのでMacBookを持ち出して近くのファミレスで作業をしてみた。

macbook_1102001.jpg


持参したのはMacBookと、イーモバイルD02HWとiPhone 3Gとデジカメ。MacBookは小脇に抱えて、あとは全部ポケットに突っ込む。涼しくなるとポケットがたくさんある服を着られるので、小物の持ち運びにカバンを持つ必要がないのも嬉しい。

やっぱりあれだね、なんだかんだ言っても集中して作業するときはフル装備に限るよねぇ。あれができない、これができないっていうのが無いんだもの。イーモバイルの電波さえあればオフィスや自宅にいるのと変わらない環境だ。

しかもファミレスなのでコーヒーや水も勝手に運ばれてくるし自宅で作業するよりも快適。当たり前だけど、やっぱりモバイルって状況に応じた使い分けが大切なんだね。

それにしてもMacBookはファンも回らないし、キーボードの打音も小さいしすごい静か。唯一気になるのは置く場所によって移り込みが激しいくらいか。まあちょっと座る位置を考えれば解決できるんだけどさ。


タグ:MacBook
2008年11月02日14:06 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月31日


僕らがモバイルに望むのはモバイルPCなのか?

DELLが考えるモバイルPCブロガーミーティングに参加してきた。内容の多くはは先日発表されたInspiron mini 12のお披露目に割かれた。

dell1031001.jpg

dell1031003.jpg dell1031004.jpg

dell1031002.jpg


製品の説明とお披露目が行われた後は、ブロガーによるディスカッション。ここで僕は大きな勘違いをして、このミーティングに参加してしまったことに気がついた。当日提示されたミーティングの議題は「あなたが、もしDELLの担当者なら、2010年にはどのようなモバイルPCを開発したいですか?」というもの。そう、モバイルPCありきのミーティングだったんだね。

僕が理想とするのはPCレスでいかにPCと同じ作業を行えるかということ。携帯電話でもいいし、デジカメ等の専用機でもいい。とにかく手のひらで使えるもの。その先にはウェアラブルコンピューティングがあったりするんだろうけど、その辺も含めて。
わざわざPC立ち上げなくても、デジカメで撮った写真をブログにアップしたり、友達や家族とチャットやメールしたいんだよね。例え相手が地球の裏側にいたとしても。

Netbookを購入してわかったのだけど、出先でNetbookを取り出してブログを書こうなんて思わないってこと。例えば旅先などで見ている景色や感じていることをブログにアップしようとすると、やっぱりリアルタイムがいいと思うんだ。

デジカメで撮った写真をSDカードからNetbookに取り込んで、テキスト書いてネットに接続してブログ更新なんて作業をしているとその時感じていることが何だったのかうまく伝わらないんじゃないかなと。こうなると旅先ではホテルにPCを置いて、写真だけとって部屋に戻ったら更新するのと変わらない。だったら多少重くてもフルスペックのMacBookを持って行くんだよね。

という訳でこのミーティングに参加し、他人の意見を聞くことで、改めて自分の思っていることが整理できたと思う。僕が望むのは出先で快適にPCを使うことじゃなくて、出先で快適にネットワークに繋がるってことなんだって。

タグ:DELL
2008年10月31日23:51 | Comment(4) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。