2006年10月15日


富士通からもゼロスピンドルノートPC

富士通が企業向け企業向けノートパソコン「FMV-LIFEBOOK」の一新を行い
ゼロスピンドルPCがラインナップに加わったようです。

B5ファイルサイズ・モバイル機「Bシリーズ」
fmv.jpg

省電力かつデータ読み込みが高速なフラッシュメモリディスクを、B5ファイルサイズ・モバイル機「Bシリーズ」とウルトラライト&スリム・モバイル機「Qシリーズ」のカスタムメイドメニューに追加します。これにより、バッテリー稼動時間が最大30分延長するほか、Windowsの起動時間は約58%に短縮します。さらに、2.5インチHDDに比べ、75g軽量化を図れるとともに、回転するディスクがないため、耐衝撃性にも優れています。

通販サイトでBTOのシミュレーションをしてみました。
構成は写真の通りです。

fmv01.jpg fmv02.jpg

HDD20GBとフラッシュメモリ32GBの価格差は16万8千円です。
その他の構成は全く同じ。

うーん、もう一台ノートPCが買えてしまう価格差ですね。
起動時間が58%削減というのは素晴らしいですが
個人で購入するには躊躇してしまう価格です。

2006年10月15日00:49 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月12日


W-ZERO3 esとBluetoothドングル

先日秋葉原で購入したBluetoothドングルを変換ケーブル経由で
esに差し込んでみました。
無事認識してノートPCからesを検索しペアリングしようとしたところ
es、Bluetoothドングル共にものすごい熱を発し出したのです。
手で触れないほどの熱さになったのであわてて引き抜いたのですが
フル充電だったesのバッテリーは空になっていました。
接続していた時間は約10分ほど。
 
esの電池を抜いて触ると、こちらもかなり加熱していました。
恐る恐る電源を入れ直すと無事起動しました。
Bluetoothドングルも異常はなさそうです。
 
やっぱりノーブランドのドングルは無闇に使ったらいけませんね。
esが溶ける前に気付いて良かった。
 
bluetoothd000.jpg bluetoothd001.jpg
 
2006年10月12日23:42 | Comment(0) | TrackBack(1)

2006年10月11日


Windows Mobile 6.0 Crossbow

時期Windows Mobile 『Windows Mobile 6.0 Crossbow』の
スクリーンショットです。
アイコンとフォントが素敵な感じ!?
 
wm5crossbow.jpg
 
wm5crossbow2.jpg
 
wm5crossbow3.jpg
 
2006年10月11日00:12 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月10日


ゼロスピンドルThinkPad

亜洲モバイル人柱隊さんでついにThinkPadのゼロスピンドル化に成功されたようです。
 
ゼロスピンドルThinkPad (Part 3)
 
素晴らしいです、さすがですね。
HDDがなくなるだけでノートPCの使い方が変わると思います。
 
2006年10月10日22:47 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月09日


究極のノートPC

亜洲モバイル人柱隊さんですごいことに挑戦されています。
ゼロスピンドルThinkPad
ゼロスピンドルThinkPad (Part 2)

VAIO type Uの購入を考えていましたがキーボードの不満から
VAIO type Tにしてしまった私には凄く興味があります。

究極の要求をすれば、ノートPCにはHDDも光学ドライブもOSもいらない。
ブラウザが搭載されてて通信だけできればいい。
全てのリソース管理をローカルPCではなくブラウザ上でできれば
こんなに快適なことはないと思うんです。

おそらくGoogleが目指しているものだと思うんですが。
シンクライアントとweb2.0ってモバイルに最適なのかもしれませんね。

2006年10月09日00:24 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月07日


WILLCOM SIM STYLE

少し前になりますがGOODデザイン賞が発表されていました。
WILLCOM SIM STYLEが見事BEST15に入賞したようです。
携帯電話、PHSで入賞していたのはWILLCOMだけです。
やりますねぇ、WILLCOM。

willcomsim.jpg

■概要
ウィルコム「SIM STYLE」は、「W-SIM」と呼ばれる小型軽量のPHS通信モジュール
(アンテナを内蔵した、抜き差し型の通信モジュール)をユーザが音声電話機やデータ端末、
PDAなどの対応機器に差し込むことで生まれる自由で新しいケータイスタイルを提供した。
また、通信技術をもたない企業でも端末の開発が容易になり、通信と異業態の融合により、
新たな付加価値を生み出す商品を短期間かつ低コストで世の中に送り出すことを可能にした。
また、「W-SIM」の技術仕様をオープンし、ウィルコムとは異なる団体「コアモジュールフォーラム」を設立し、「SIM STYLE」の発展を支援する環境を提供している。

■デザイナーのコメント
今や生活の必需品であるケータイ。ウィルコムの「SIM STYLE」は、生活者が考えてみなかった
ケータイとモバイルコミュニケーションの可能性を実現しました。
ウィルコムだけができる新しい可能性の提案です。今までの既成概念を覆し、
新たなマーケットを切り開き、あらゆる可能性の扉を開いてくれます。

■審査員のコメント
マスプロダクトとしての宿命と、個性化のための多品種対応に引き裂かれ、
悲鳴さえも聞こえるかの感のある昨今の携帯電話市場。そこに颯爽と登場した、
この小型軽量のPHS通信モジュールは、「ディスプレイとキーボードだけ」、という未来の携帯端末の姿を、私たちに予感させてくれた。チップを差し込むだけで生まれる個人認証機能と自由な通信機能は、通信技術を持たない企業にも、端末開発の可能性を拓き、ユーザーに対しては、これまで想像もしなかった端末複数所有の楽しさを提供する大いなる可能性を秘めている。また、この技術仕様を公開し、他企業とこの新しいモバイルコミュニケーションを協創するフォーラムの存在も特筆に値する実践だ。
(副審査委員長 赤池 学)


その他、僕の住んでいる横浜市の一連の都市デザインも受賞していました。
市民としては少しだけ嬉しい気がします。

 
yokohama.jpg
2006年10月07日23:12 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月05日


24 TWENTY FOUR SEASON W

フジテレビで放送してます。
このドラマストーリーも演出も面白いのですが
それよりなにより、ケータイとPDA等のモバイルデバイスが
気になって仕方がないのです。
 
DVD BOXも買ったのですがTV放送もついつい見入っちゃいます。
しかし欧米人がPDA使ってる姿は格好いいですね。
2006年10月05日00:28 | Comment(0) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。