2006年10月19日


M2501 ユーティリティソフトでできること

M2501はデータ通信以外にも音声通話、TV電話を利用することができます。
(別売りのイヤフォンマイク、WEBカメラが必要、データ通信専用プランでは不可)
 
その際にユーティリティソフトを利用します。
まあ、早く言えばソフトフォンです。
私はデータ通信専用プランで契約していますので残念ながら実際に電話を
掛けることはできませんが、折角インストールしたので触ってみました。
当然ですが、imode、SMS等通話、TV電話以外のサービスはは利用できません。
 
パネルです。一般的なソフトフォンのインターフェイスと変わりないですね。
utility001.jpg
 
着信履歴、電話帳、発信履歴を表示できます。
utility002.jpg utility003.jpg 
utility0010.jpg
 
通信設定画面です。W-CDMA、GSM、AUTOで選択できます。
utility005.jpg
 
セキュリティー設定画面です。PIN1コードの設定ができます。
utility005.jpg
 
カード設定画面です。音の設定と、その他発信者番号通知等の設定ができます。
utility006.jpg utility007.jpg
 
ネットワークサービス設定画面です。留守番電話等の設定ができます。
utility008.jpg
 
自局番号表示画面。時局の電話番号を表示することができます。
utility009.jpg
 
利用機会は無いとは思いますが音声用の携帯電話が壊れたときなど
緊急用にはいいのではないでしょうか。
 
2006年10月19日23:12 | Comment(0) | TrackBack(0)

M2501スピードテスト

まずはセッティングから。
付属のCDまたはメーカのダウンロードサイトから通信設定ファイルと
ユーティリティソフトをダウンロードします。
2つのファイルはexeファイルですので適当な場所に保存して実行します。
 
次にFOMA PC設定ソフトでAPNの設定を行います。
この時HSDPAを使うにはmoperaUの契約が必須となります。
moperaはHSDPAには対応していません。
ですのでM2501を利用する際は300円/月のプロバイダー使用料が発生します。
APNはmopera.netです。
 
ダイヤルアップを作成します。(ユーザ名、パスワードは空白でOK)
接続ボタンを押した瞬間からHSDPAで繋がっていると感じるほど
ネゴシエーションは高速です。
 
早速スピードテストを試してみました。
計測したのはこちらのサイトです。
利用したPCはVaio typeT、場所は自宅のある横浜市内です。
事前にHSDPAのエリア内であることをドコモに確認しています。
 
4回計測した結果です。
 
speedtest001.jpg
 
speedtest002.jpg
 
speedtest003.jpg
 
speedtest004.jpg
 
やっぱりFOMAより圧倒的に早いです。
速度にブレがあるのが気になりますが平均でも1.5Mbpsは出ています。
これくらいの速度差だと早い!と体感できますね。
本日は時間がないので自宅だけでの測定となりましたが次回は喫茶店やオフィスで測定してみます。
 
M2501007.jpg
繋がっているときはアンテナマークが緑に、モードランプはオレンジに点灯しています。
HSDPAのエリア内にいるのか、エリア外なのかは、LEDランプではわからないようです。
2006年10月19日22:28 | Comment(0) | TrackBack(0)

M2501スペック

メーカサイトからの転載です。

- 形状:PCカード型
- 寸法:約130 x 54 x 18(mm)
- 質量 70g
- アンテナ:内臓アンテナ 5バンド対応
- 対応ネットワーク:  
  WCDMA(800/2100MHz) HSDPA
  GSM(900/1800/1900MHz) GPRS
- 通信速度:
 パケット通信 上り:最大384Kbps/下り:最大3.6Mbps(ベストエフォート)
 64Kデータ通信 上り/下り:64Kbps
 テレビ電話通信 上り/下り:64Kbps
- マルチアクセス:○
- デュアルネットワーク:○
- ソフトウェアアップデート機能:○
- 電源電圧:DC5V±5%(PCより給電)
- 対応OS:
 Windows2000 Professional 日本語版 Service Pack 4 以降
 WindowsXP Home Edition 日本語版 Service Pack 1 以降
 WindowsXP Professional 日本語版 Service Pack 1 以降

HIGH-SPEEDで高速データ通信
FOMA ハイスピードエリア内では、従来機種の約10倍の受信時最大3.6Mbpsのパケット通信を実現します。また、FOMAエリア・FOMAプラスエリアでも送受信最大384kbpsでのパケット通信が可能です。これにより、音楽、映像コンテンツ、資料の更新などがよりスピーディにダウンロードできます。 

幅広い通信方式に対応
国内では初めてとなるHSDPAに対応するほか、W-CDMA/ GSM / GPRSの各通信方式でも利用可能で、国内外の幅広い通信環境をサポートします。

国内初の国際ローミング対応
カード型FOMA端末としては国内初となる国際ローミングに対応し、世界142の国や地域でご利用いただけます。

音声通話やテレビ電話に対応
音声通話やテレビ電話などの利用も、付属のCDに収録されているユーティリティソフト「M2501 HIGH-SPEEDユーティリティ」やドコモテレビ電話ソフト2005をインストールすることにより、音声通話やテレビ電話などの利用も可能です。
なお、マルチアクセスに対応しているので、パケット通信中も、音声通話が利用できます。

付属品
M2501 HIGH-SPEED専用ケース
取扱説明書
M2501 HIGH-SPEED CD-ROM:
  M2501 HIGH-SPEED通信設定ファイル
  M2501 HIGH-SPEED ユーティリティ
  PC設定ソフト
  ドコモテレビ電話ソフト 2005
  パケットバイトカウンタ
  FirstPass PCソフト

2006年10月19日21:54 | Comment(0) | TrackBack(0)

M2501購入

MotorolaのHSDPA端末M2501を購入しました。
P2402からの買い増しです。
仕事中はオフィスにいることが殆ど無いのでノートPCと通信カードは必須アイテムです。 
まずは写真からアップします。
 
M2501000.jpg
Pシリーズより濃い色の青い箱です。
 
M2501001.jpg M2501008.jpg
全体図。本体はかなり大きく感じます。
 
M2501002.jpg
アンテナ部です。Motorolaのロゴが目立ちます。
 
M2501003.jpg
イヤホンマイク端子です。TV電話や音声通話をするときに利用します。
 
M2501005.jpg
外部アンテナ端子です。説明書によると現在対応機器は無いそうです。
 
M2501006.jpg
Vaio typeTに挿入しました。
ものすごくはみ出てます。
P2402のように挿しっぱなしでの運用は難しそうです。
 
まずは大きさに圧倒されました。
FOMAのデータ通信カードの初代機P2401よりも大きく感じます。
アンテナ可動部がないのは嬉しいのですが、大きさ故に挿しっぱなしで
鞄に放り込めないのはストレスが溜まるかもしれません。
 
次回はスピードテストをしてみようと思います。
2006年10月19日21:43 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月17日


赤、あか、RED

iPodや携帯電話等のモバイル端末に赤が使われるの流行ってます。
U2のボーカル、ボノらが立ち上げているエイズ撲滅運動の「RED」に協賛しているのだとか。

赤のiPod
ipodred.jpg
赤のMotorola携帯電話
motoslvr.jpg
redrazr.jpg
 

日本以外の国ってどこに行ってもエイズに対する意識高いです。
日本人の意識が低いのか、他の国が騒ぎすぎなのかわかりませんけど。

2006年10月17日15:21 | Comment(0) | TrackBack(1)

2006年10月16日


モバイル端末で観る動画

ジョブズ聖下、Zuneを語る:「ひと言でいえばNo」
Engadget Japanese
 
最近電車の中や街中のカフェで動画を観ている人を多く見かけます。
私もN73で動画を観ているのですが、観るコンテンツは充分注意した方が良いと思います。
ここ数日、今更ですが『世界の中心で、愛をさけぶ』のTVバージョンを動画で観ています。
電車の中で涙を流すと、変な人間に見られます。
泣いてしまうような動画や笑いを抑えられなくなるような動画は観ない方が賢明です。
2006年10月16日20:08 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年10月15日


Palm Treo680

X01HTの発売日で大賑わいのモバイル関係ですが私は多分見送りです。
この盛り上がりに参加したいのは山々なんですが使い道が思い浮かばない。
個人的にはWindows Mobileが肌に合わないのかもしれません。
Windowsが搭載されたPDAは何十台も使ってきましたが
あまり利用期間は長続きしませんでした。
Palm機は割と長く使えるんですけどね。
 
そんな中久し振りにPalmOS搭載のスマートフォンがTreo680が発表されました。
GSMだけでW-CDMAが使えないので日本ではPDAとしてしか利用できませんが
正直迷います。
W-CDMAが利用できてQWERTYキーボードが無ければ間違いなく購入してたのですが。
 
いずれにしてもPalmOS搭載機がリリースされるというのは嬉しいことです。
NOKIA端末が使いやすく感じるのはなんとなく使い心地がPalmに
似ているのからかもしれません。
 
tero680.jpg
2006年10月15日01:09 | Comment(0) | TrackBack(0)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。