2008年09月28日


Samsung Blogger韓国ツアー 僕らがSamsungから学んだこと

Samsung Blogger韓国ツアーに参加

企業が開催するブロガー向けのイベントや企画って毎日のようにどこかで行われていて、僕も多くのイベントに参加させていただいている。

samsung0928001.jpg


で、今回はSamsungのブロガー向けイベントに参加させていただいたのだけど、驚くべきことに開催地は韓国のソウル。イベントや発表会の数は多いけど、ツアーという形で海外まで出向く機会はそうそうない。もしかして日本初なんじゃないかな。さすが巨大グローバル企業、やることが大きい。

3日間の日程でツアーが組まれた訳だけど、数時間で終了してしまうイベントとは違ってSamsungの社員の方やブロガーと長い時間過ごすという事の意味は非常に大きかったと思う。

今まで参加したブロガー向けのイベントって企業側から商品やサービスの説明を聞いて商品を体験し、質疑応答、終了。というパターンが多かったのだけど、今回は社員の方と3日間に渡って行動を共にすることができた。

Samsungは本社を韓国におく企業なので社員の方は韓国人が多い。当然僕たち日本人のブロガーとは母国語も違うし立場も違う。お互いの距離を縮めるのは容易なことではないはず。
でも3日間行動を共にするということは、当然移動も同じバス、食事やお酒も同じ席だ。(韓国の人の飲みっぷりには感動した)これでお互いの距離が縮まらないはずはない。

利益団体である企業と非営利団体のブロガーが対話するというのは非常に難しい部分が多いと思うのだけど、今回は本当の意味の対話ができたのではないかと思う。

Samsungってどんな企業?

Samsungは日本の大手電気メーカとは違って長い歴史を持っている訳ではないし、韓国内の人口だって日本と比べたら半分程度。なのに年間の売上高1,000億ドル越えと、エレクトロニクス企業では世界トップ3に入っている巨大企業。携帯電話ではNokiaに続き、世界シェアは2位。先月開催された北京オリンピックでも公式スポンサーになっていたのでロゴを見る機会も多かったんじゃないかな。

どんな携帯電話を作っているんだろう?

今回はソウルだったので韓国国内で販売されている端末を中心に、新村という町にあるAnycall Studio(Samsungのフラグシップショップ)で実際に見ることができた。


samsung_0928003.jpg


ここはソウル市内でも有名な繁華街で近くに大学が多いことから学生や若い人たちが多く訪れる町になってる。僕たちは土曜日に見学したのだけど、確かに多くの若い人たちで賑わっていた。

samsung_0928004.jpg


ちなみに昨日発売されたHAPTIC 2という端末で多いに盛り上がっていた。HAPTIC 2はタッチスクリーンの全面液晶端末。

samsung_0928005.jpg


iPhone 3Gと比べてみる。

こっちはSOUL2。大ヒットしているSOULが折りたたみ端末になって再登場。

samsung_0928006.jpg

samsung_0928007.jpg

samsung_0928008.jpg


日本と同じく携帯電話のカラーバリエーションも豊富。なんと24色で展開しちゃってる。

samsung_0928009.jpg


ストレートだけど両面液晶のB’Phone(ビヨンセモデル)

samsung_0928012.jpg

samsung_0928011.jpg


アクセサリ類も豊富
これはBluetoothスピーカ。携帯電話と接続して音を鳴らすことができる。2つのスピーカはバッテリーで駆動し、くっつけることもできる。これ個人的に一番欲しくなったアクセサリ。

samsung_0928010.jpg


動画で見るとわかりやすいかも。



これはBluetoothプリンタ。携帯電話で撮影した写真をダイレクトに印刷することができる。小さいのでポータブル性にも優れてる。

samsung_0928013.jpg


こっちはプロジェクタね。携帯電話の画面をプロジェクタを通して表示することができてしまう。素晴らしいね。

samsung_0928014.jpg


日系企業とSamsungの違い

僕も日系の電気メーカで仕事をしているのだけど、今回のツアーでかなりの衝撃を受けた。
噂には聞いていたけど、彼らの仕事に対するモチベーション、ハングリーな精神、妥協や言い訳をしない姿を間近で体感することができた。自分自身、根本的な考え方や生き方を見直さなければならないのではないかと肌で感じることができた。

経営者がリーダーシップを発揮することで世界中に散らばっている十数万人いる従業員を一つにしている感じ。当然仕事も速い。PDCAサイクルが僕の会社の10倍は速いのではないかと。

当たり前と言えば当たり前だけど、スピードが遅かったら、年間数十機種の携帯電話をリリースすることなんで不可能だ。まったく、学ぶことが多過ぎて恐ろしい。

ということで、まだまだ書き足りないことはたくさんだけど、長くなってしまったので次回以降のエントリーで。

最後に参加されたブロガーの人たち、お疲れさまでした。そして何よりSamsungの社員の方々、本当にありがとうございました。最高に楽しくて勉強になったツアーでした。

タグ:SAMSUNG
2008年09月28日21:22 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年08月29日


Samsung Airave、レビュー

phone scoopにSamsung Airaveのレビューがアップされてる。これ何に使うかと言うと自宅やオフィスに設置する携帯電話の基地局のようなもの。ブロードバンド回線に接続すると自宅内からの音声通話が定額になる、いわゆるフェムトセルと呼ばれるFMCの一種。

sprint-airave-in-home-cell-coverage.jpg


誰でもどこでも使えるという訳ではなく、Airaveはアメリカのスプリント社が行っているサービスでしか利用できない。スプリントのサービスが開始されてから1年近く経過している割にあまりレビューを見る機会がなかったのだけど、このレビューをみると結構実用的なのかもしれない。特に自宅内で携帯電話の電波が弱いユーザにはうってつけなのかも。

10443.gif

日本ではドコモがホームUとして同じようなサービスを提供中なのだけど利用できる端末やブロードバンド回線に制限があったりで使い勝手はイマイチなんだけど、Airaveはほぼ全てのCDMA端末とブロードバンド回線で利用できる。この辺が無線LANとのデュアル端末を利用したサービスと大きく異なる点。

もしかして、これ日本のブロードバンド回線に繋いでしまえば使えちゃうの?と思ったけど、本体にGPSがついていて位置情報で制御しているらしい。で、検出されたGPS情報がスプリントの指定したエリア外だと動作しないみたい。

日本でも同じようなサービスが開始されれば、キャリアのネットワーク負荷も軽減されるしユーザは定額で音声通話を楽しめるしなかなか面白いサービスになると思うのだけど。

タグ:SAMSUNG Airave
2008年08月29日22:22 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年08月24日


SAMSUNG OMNIA FORUM

先日バンコク旅行で、SAMSUNGのOMNIAが盛り上がっていたのでどんなものだろうと調べてみると、専用のサイトまでオープンしてる。

タイ語だから書いてある内容は全然わからないのだけど、iPhoneやHTCの端末との比較もあって面白い。VIDEO CLIPなんかも充実してるし、テーマや、着信音などもダウンロードできる。ユーザフォーラムも盛り上がってるみたいだ。



それにしてもバンコクってあちこちにSAMSUNGのカスタマーセンターがあってサポートも充実しているんだよね。これはMBKの中にあったカスタマーセンター。

P8170393.JPG


いずれ日本もメーカがショップをオープンすることもあるのだろうか。

タグ:SAMSUNG
2008年08月24日14:28 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年07月23日


SAMSUNG OMNIAって面白いね

ワイヤレスジャパン2008でSAMSUNG mobileが開催してくれたブロガー向けの商品説明会と懇親会に参加してきた。仕事の合間だったので1時間ほどの参加だったけど、面白いねぇ、SAMSUNG OMNIAは。

omnia20080723.jpg

Windows Mobileな人はもちろん、Nokiaな人、Appleな人関係なく興味津々なんだもの。もうね、携帯電話を選ぶときにメーカとかOSとかこだわる必要が無くなってきているんじゃないのかなと感じる。もちろんGoogle MapsとかYouTubeとかOSや端末への依存が少ないWebサービスが充実してきたり、それを満足して利用できる通信環境が整ってきているのは確かなんだけど、それだけじゃなくてユーザが用途に応じた携帯電話を選べる時代に変化してきたのかなと。それも個性ある端末を。

設定や操作も簡単で何も考えずに使えるiPhone 3Gや、溢れるばかりのアプリを導入できるNokiaの携帯電話、カスタマイズがバリバリできるWindows Mobile端末。ここ数ヶ月間で日本の携帯電話事情は大きく動いているんだよね。

数年前にSAMSUNGがワイヤレスジャパンであんなに大きなブースを構えるなんて考えられなかった訳だし、今じゃ日本市場で販売される携帯電話メーカの半分は個性ある海外製品だ。

結局自分のスタイルに合った携帯電話を探すという作業は変わらないのだけど、選択肢が爆発的に増えたのはユーザにとってありがたいことだし、なによりドコモやソフトバンクなどのキャリアの話題よりメーカの話題が増えてきたのは、数年前の携帯電話事情とは大きく異なっている部分なんだよね。

日本のメーカもキャリアのサービスに頼ってばかりじゃなくて、メーカとしての個性を出していければ面白くなっていくのだけれど、各メーカのブースを見ているとこっちはまだまだ難しいのかもしれないと、ちょっと悲しくなるワイヤレスジャパン2008なのでした。

それにしても、先週の土曜日からブロガーさんと昼も夜もずっと一緒にいるのは何故だ?全然家に帰ってないー。

タグ:OMNIA SAMSUNG
2008年07月23日23:33 | Comment(2) | TrackBack(0)

2008年07月21日


SAMSUNG OMNIAに触ってみたよ

先日のモバイル合宿でSAMSUNGのフラグシップ機OMNIA i900に触らせてもらえたのでちょっとだけ動画でご紹介。



WindowsMobileは数年ぶりに操作するので動きがぎこちないのは大目に見てね。散々、からかわれたので。Windows Mobile使いの方には全然参考にならないかも… でも折角撮ったので一応アップしてみる。
iPhoneとはまた違ったヌルヌルっとした動きが面白いねー。

これはiPhone 3Gとの比較。大きさはほとんど変わらないので割と手に馴染みやすいかと思う。

omniaiphone3g.JPG


iPhoneの登場で一気にブレイクしそうな全面タッチパネルだけど、操作方法は今までの10キーが付いた携帯電話とは全然違う。それぞれのメーカの考え方に大きく依存するのかも。

それにしてもE71×2台、iPhone 3G×3台、OMNIA×2台とかなり気持ちが悪い環境だったけど、めちゃくちゃ勉強になる合宿でした。

OMNIAレビューはkzouさん、siam_breezeさんのブログにたくさんレビューが出ているので是非ご参考に。

Kzou’s Diary (^^ゞ

ベトナムとPDAとモバイルと
[MOBILE][OMNIA]SAMSUNGOMNIAの画像レビュー
[OMNIA]OMNIAのOPERA独自機能かな
[OMNIA]付属のスタイラス

タグ:SAMSUNG OMNIA
2008年07月21日13:54 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年07月11日


SAMSUNG OMNIA やっぱり良さそう

山根さんがOMNIAを手にされていました。

OMNIAがきたー! 

もちろんiPhoneのほうが完成度は高いでしょう。でも私はOMNIAのほうが好きです(笑)。いじっていて楽しいんですねぇー。私が「非・Nokia端末」でここまで気に入っちゃうのも珍しいことでしょう。

生粋のNokia使い、山根さんがここまで高評価されているということは、やっぱり使いやすいのね。
iPhoneやめてこっちにしちゃおうかなぁ。僕の周りのモバイラーさんやMacユーザさんもiPhoneイラネって人多いしさ。

自分のライフスタイルに合っているのはどっちなのかよくわからなくなってきちゃった。
たくさん制限あるけど優れたUIを持っているiPhoneか、携帯電話でここまでやるかい?というOMNIA。コンピュータメーカが作ったiPodの進化携帯と、世界第二位の販売数を誇る携帯電話会社が作った質実剛健な携帯電話。

まあ両方買って比べてみるというのが一番いいんだけどねー。

タグ:iPhone SAMSUNG OMNIA
2008年07月11日00:52 | Comment(4) | TrackBack(0)

2008年07月08日


SAMSUNG OMNIAの製品詳細

SAMSUNG mobileのWebサイトにOMNIAの詳細情報が出ていました。全然知らなかった。

SAMSUNG mobile ニュース&トピックス

SAMSUNG OMNIA(型番号:SGH−i900)のローンチを発表。ハイ・パフォーマンスなビジネスコンテンツ、トップクラスのスタイル、ダイナミックでわくわくする様なマルチメディア体験などをこの製品に集約し、ユーザーが家でもオフィスでも常に繋がっていられることを保証します。OMNIAとはラテン語で「everything(全て)」、アラビア語で「wish(願い)」という意味。その搭載機能は現在の最前線端末が提供できる最新機能を越えたものです。OMNIAは2008年6月から市場で販売を開始致します。


HSDPA 7.2 Mbpsに対応しているのね。
液晶も3.2” WQVGA TFT LCD (240 x 400)とQVGAよりも少しだけ大きい。

面白そうなのはカメラ。

静止画
オートフォーカス、イメージスタビライザー(手振れ防止)、ジオタギング、オートパノラマ撮影、ワイドダイナミックレンジ(WDR)、顔認識オートフォーカス、笑顔認識機能

動画
DivX / XviD / H.263 / H.264 / WMV / MP4
ビデオレコーディング
画像編集: 切り出し、オーディオダビング、ライブダビング、字幕挿入、画像キャプチャ

静止画の方はコンパクトデジタルカメラ並みの機能。携帯電話にワイドダイナミックレンジってなんだかスゴいことになってるのね。動画もなんだか楽しそうな機能がたくさんだぞ…

OSがWindows Mobile 6.1 Professionalというのが非常に気にかかるけど、このOSって安定しているのかしら?

さすがに海外で購入して使おうとは思わないけど、日本で発売したら絶対欲しい。むしろiPhoneより楽しみ。

タグ:OMNIA SAMSUNG
2008年07月08日22:07 | Comment(3) | TrackBack(1)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。