2008年06月04日


たった二行の衝撃


softbank-iphone.jpg


夏モデルは3キャリアともお葬式のような記者発表だったので、どうなることかと思いましたけどAppleがソフトバンクを採用したとのことで一気に盛り上がってきました。

この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

先日発表しなかったのはAppleが他の携帯電話と同系列に扱うことを嫌ったのか、ソフトバンクの戦略なのかはわからないけど、この二行で、先日の記者発表の100倍くらい盛り上がっているような気がします。

各所ブログを読むとソフトバンクを採用したことについては概ね好意的に受け入れられているようで。
iPhoneはキャリアに依存するような機能はほとんどないので、どっちでもいいと言えばどっちでもいいのですが『ドコモだったら買わなかった』、『ソフトバンクで一安心』などというエントリーも見られるので着地点としては良かったのではないかと。

ジョブズもそうだけど、孫さんていろんな意味でスゴい人なのね。あとは日本の携帯電話のコンテンツビジネスや独自サービスが音を立てて崩れていくのを見るだけですよ。キャリア依存のサービスを早めに切っておいて本当に良かった。






2008年06月04日20:17 | Comment(4) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


D社の社長が通訳なしで、ジョブスとコミュニケーションすることは不可能な時点で、かなり不利だったのかも知れませんね。創業経営者同士というのも、今回は有利に働いたのでしょうね。予想以上に、D社が硬直しているのかもしれませんね。

Posted by asterix at 2008年06月04日 20:45

雇われ社長と、創業者の違いですか…
確かにドコモの社長と比べると孫さんの方が経営者としての手腕に長けている気がします。

ドコモって英語できなくても社長になれるんですね。衝撃。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年06月04日 21:12

思えば電電公社コンビに喧嘩売って、それらの牙城を見事に崩してしまったってのはすごいもんですね、孫さんも。

ジョブズさんもシンパシーを感じたんでしょうか。
MSに挑むアップルとなんか似てますからね。

Posted by sa at 2008年06月09日 13:34

遅かれ早かれ崩れていくのでしょうけど、孫さんがスピードを速めたことは確かなんでしょうね。

ジョブズと孫さんの契約時の会話を聞いてみたいものです。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年06月09日 20:11
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。