2008年03月25日


JAL、羽田発着の国際線5割増


日航が羽田の国際チャーター増便、深夜・早朝活用し年400便

日本航空は2008年度に、羽田空港の深夜・早朝時間帯(午後8時半―午前8時半)に発着する国際チャーター便を07年度より120便多い400便に増やす。昨年6月の規制緩和で発着可能時間帯が延長されたことを受け、国際チャーター便を旅客獲得の有力な手段と位置づける。アジア向けを中心に増便・新設を検討し、08年度の旅客数を07年度比で約5割増の10万4000人に引き上げる。
チャーター便は定期便が就航していない観光地に直行できるため中高年を中心に需要が高まっている。日航はこれまで羽田空港発着の国際チャーター便を米国のハワイ、ロサンゼルスや香港、韓国などアジア地域などで展開。07年度の旅客数は06年度比9割増の7万1000人を見込む。

既にANAも香港便の発着を行う予定になっているようですが、JALも羽田発着便を増やすようです。
都心から成田空港までの移動時間が非常に無駄に感じる僕にとってこれは非常に魅力的です。都心からだと移動時間は半分以下で済んでしまうし、国内便への乗り継ぎもラクチン。

チャーター便だけでなく定期便もじゃんじゃん増やして欲しいもの。問題は深夜に到着した時の移動手段。タクシーしかないのかなぁ。
空港周りのインフラも課題になってくるのかもね。




2008年03月25日09:54 | Comment(2) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


こんにちは。
明日からソウルへ行きます。成田から出発です。
家(練馬)を出て仁川空港まで7時間かかります。
羽田からなら多分5時間ぐらいで行くのに・・・。
懸賞であたったんだから、文句は言えないのですが、やっぱり時間がもったいない。

Posted by iulius at 2008年03月25日 14:33

成田に行くだけで疲れてしまいますよねぇ。
空港ってやることないし。

気をつけて行ってきてください。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月25日 18:24
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。