2008年03月10日


ソニー・エリクソン、ドコモから撤退


ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小という記事より
ソニーはNTTドコモ向けの携帯電話機事業から事実上撤退する。年内に開発・生産を打ち切り、国内の携帯事業を大幅に縮小して主力の海外事業に注力する。飽和傾向を強める日本の携帯電話機市場には約10社のメーカーがひしめき、収益環境が悪化している。すでに中下位の三洋電機と三菱電機は撤退を決めており、市場淘汰の流れが大手にまで波及してきた。ソニーは折半出資会社である英ソニー・エリクソンを通じ、世界で携帯電話を「ソニー・エリクソン」ブランドで製造・販売している。国内ではドコモとKDDI(au)に製品を供給。春商戦向けの新型機はドコモに3機種、KDDIに2機種を納入している。

sony

また悲しいニュースです。経営者としては正しい判断なのかもしれませんが、ユーザは携帯電話の選択肢がまた一つ減ってしまう訳で。
気が付けばドコモに供給している国内メーカは富士通、パナソニック、日本電気、シャープ、海外メーカはNokia、htc、RIM、LGとなり海外と国内メーカの数は同じになってしまいました。

もちろん端末の販売数は国内メーカの方が圧倒的に勝っていると思いますが、逆転するのも時間の問題なのかもしれません。








2008年03月10日10:43 | Comment(10) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


DOCOMO向けに端末作るのは、コストが高いという判断なんですかね。NOKIAやHTCもDOCOMOむけにカスタマイズしたのはおかしな事になっているから、ヘタにおつきあいしていると、手間はかかるし、端末の品質が下がると思われても仕方がない今までの展開。
端末の囲い込みなんかする必要なくて、ソニエリの端末も海外から持ってきたモノにDOCOMOのSIMを入れるだけで使えるようにすればよいジャマイカという、端末メーカーの圧力じゃないでしょうか。
端末のサポートはメーカーや販売店がするのが当たり前で、キャリアがするものではないとも思うし。

Posted by katsuny at 2008年03月10日 12:53

Nokiaやソニエリのようなワールドワイドで商売をしている端末メーカーにしてみれば、無理に手間とコストをかけてオペレータ(キャリア)の仕様にあわせて日本で商売しても、旨味は無いと判断したわけでしょうね。

そういえば、最近はどのオペレータの端末もSHARPが幅を利かせてます。はっきりいって面白くない!

Posted by iulius at 2008年03月10日 14:04

三菱もソニエリも会社自体の業績は悪くないというか、むしろ良いですからね。
回収する見込みが少ない携帯電話事業をやめちゃうっていう判断は正しいと思いますよ。
ユーザとしては寂しいのですけど。

そのうち誰も端末作らなくなるんじゃないかと心配です。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月10日 14:09

3月10日付 一部報道に関して

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、日本国内での携帯電話の開発事業を縮小する計画はありません。
一部報道に「ソニー、ドコモ向け撤退」とありますが、ソニー・エリクソンは、NTTドコモ向けの商品化計画について、一部見直しを図っていることは事実ですが、今後も開発を含めてビジネスは継続してまいります。(具体的な製品計画と開発体制については、相手先ビジネスに関わる情報であり、弊社からの公表は差し控えます。)

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社


−−−−−−−−−−−−−−−−

との事だそうですよ

Posted by ヒコ at 2008年03月10日 18:52

一部見直しという内容がどういった意味を含んでいるのか不明ですが、Nokiaやhtcのようにキャリアブランドではなく、メーカブランドで出してくれると面白いのですけどね。

いずれにしても メーカにとって適正な利益を出せる日本の携帯電話市場になることを期待したいと思います。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月10日 19:27

iモード端末の開発からは撤退。
Windows Mobile(XPERIA X1 for DoCoMo)については商談中というところでしょうか。
XPERIA X1日本語版は商談が破談になったとしても、SIMフリーの端末としてNOKIA E62、HTC P3600のように売ればよいだけだし、まだ日本語版の開発には着手していないだろうから痛手はなし。
海外と同じ端末の売り込みに対して拒否したのはキャリア側なので、誰も端末作らなくなってもしかたがないのでは。

Posted by kazu at 2008年03月10日 23:13

メーカからすればキャリア端末でキャリアに納入した方が在庫リスクは少ないし、キャリアのインセンティブや割賦での販売も利用できるので、現在の日本市場でSIMフリーの携帯電話を販売するメリットは少ないと思います。
かと言って開発に掛かるコストを回収し、利益を出すのは難しいのが現状。

ユーザにとっても定額通信ができなかったり、キャリアショップでの購入やサポートが受けられないのでこちらもメリットは少ない。

なのでこういった曖昧な報道が流れているのだと思います。


Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月11日 14:05

関係者に確認したところ、i-mode端末開発部隊は、既に解散しワールドワイドモデルの開発へ移動。906i (2008/2/1 JATE通過) は開発し発売。706iは705i同様NEC。XPERIA X1は日本発売は無く北米向けに投入。
よってDoCoMo向けからは、現在開発中の端末をもって完全撤退ということでした。
今となれば、EMCS千厩テックから携帯電話の生産を引き上げた頃から決定事項だったのかと思います。

Posted by kazu at 2008年03月21日 23:42

23日の読売朝刊には下記のような記事が出ていましたけど、ドコモの方針転換なんでしょうかねー。

ドコモ携帯、基本ソフトの設計簡素化へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080322-OYT1T00820.htm

Posted by iulius at 2008年03月23日 21:58

キャリアはメーカなしではサービス提供できないですからね。
この期に及んでまだ主導権を握ろうとしているドコモはどうしようもないですね。

Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月24日 11:31
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。