2008年03月03日


携帯電話からDブランドがなくなる


三菱電機、携帯電話端末の開発・生産から撤退という記事より
三菱電機は2日、携帯電話端末の開発・生産から撤退する方針を明らかにした。3日午後にも発表する。
契約数が1億件を突破した国内の携帯電話市場は飽和状態に入り、端末の売り上げは伸び悩み、端末メーカーの多くは採算の悪化に苦しんでいる。三菱電機は低収益部門から撤退し、経営資源をより収益力の高い部門に集中する。国内の大手電機メーカーでは、1月に三洋電機が携帯端末事業を京セラに売却することを決めたが、他社に売却せず完全撤退するのは初めてだ。
三菱電機は現在、NTTドコモにだけ端末を納入しており、1月に発売した携帯電話端末「FOMA D705i」を最後の製品とし、5月にも予定していた次期機種・D906iの発売は取りやめる。

SANYOに続いて三菱電機も撤退してしまうようです。
僕が使っているD905iが90xシリーズ最後の機種になってしまいました。Dシリーズは根強いファン層も居たのに悲しい結果です。

d905i


国内での販売台数も減り続ける一方で、キャリアの仕様に雁字搦めにされ、世界市場にも出て行くことができなかったのが原因なのでしょう。キャリアがいかに自社の利益だけを考えて端末製造メーカやユーザの方向を見ていないかという事がよくわかります。

非常に残念なニュースでした。




2008年03月03日10:29 | Comment(4) | TrackBack(1)

この記事へのコメント


こんにちは。
これは非常に残念なニュースですね。
三菱は折りたたみ渦巻く日本のケータイ市場でスライドやストレートを投入してくれる貴重なメーカーだと思っています。
とりあえず富士通がスライドもストレートも引き継いでくれればうれしいのです・・・。
キャリアがいい加減過ちを認めるというのが最重要ですが・・・。

Posted by みみずいろ at 2008年03月03日 16:49

ちと気になったのですが、
> キャリアの仕様に雁字搦めにされ、 ←これは国内端末の話
> 世界市場にも出て行くことができなかった ←これは三菱の実力

別に海外で商売をするなとは言ってないし、国内全キャリア制覇したシャープもいるわけですから、結局三菱自身の問題かと。
つまり「キャリアのせいで潰された」とまで言うのは、言いがかりというか我田引水に過ぎると感じます。

割とキャリアの肩を持つような事を言うワタシですが^_^;)、何でもかんでもキャリアのせいにしていると、本当に糾弾したい時にオオカミ少年のような扱いを受けかねないと危惧するからです。

Posted by kom at 2008年03月04日 00:09

確かにドコモも大きな声で他キャリアや海外に進出するなとは言いません。

ただ元社員としてはそう感じざるを得ない部分がたくさんあって上記のエントリーをしました。

ちょっとコメント欄では下記憎いので機会を見つけて別エントリーしようかと考えています。


Posted by No Mobile,No Life. at 2008年03月04日 22:32

期待してます!

Posted by kom at 2008年03月05日 08:07
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88066434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Good bye…”D”Style
Excerpt: 三菱電機の携帯電話事業からの撤退のニュースは、ちょっと衝撃でした。 三菱電機、携帯電話事業から撤退–従業員は再配置へ:モバイルチャンネル - CNET Japan Japan Blog ..
Weblog: くまめがね
Tracked: 2008-03-03 22:06


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。