2008年01月21日


Wireless


今回Appleが発表した商品ではWirelessについて色々考えさせられました。

数年前まで僕の自宅にあるMacに接続されている周辺機器は以下の通りでした。
LANケーブル、HDD、外部スピーカ、ディスプレイ、iPod、miniUSBケーブル、キーボード、マウス、プリンタ。9本のもケーブルがぶら下がっていたのです。

そして数ヶ月ほど前にはHDD、外部スピーカ、ディスプレイ、iPhone、miniUSBケーブル、プリンタまで減り、さらに今回Time Capsuleが発表になったことによりHDDが減らせることになります。

その他現状でWirelessに移行できそうなものは、スピーカとminiUSB、プリンタでしょうか。スピーカもBluetooth対応の機器が増えてきていますし、miniUSBはデジカメや携帯電話を接続するのに必須ですが、こちらも携帯電話をmicroSDのリーダ代わりにしてBluetoothで接続してしまえば解決できる。プリンタもBluetoothモジュール買ってくるだけ。さすがにディスプレイは無理か。

iPhoneはどうなんだろう?Bluetoothじゃ接続速度が遅過ぎて曲や動画の転送には辛いけど、Wi-Fi経由で転送できれば解決する可能性も。
3G版では11nの搭載と、BluetoothプロファイルをSPP/DUN/FTP/HID/OPP/HSP/HFP/A2DP程度にして、外出先でもMacからiPhone経由でインターネットに接続。もちろん定額HSDPAでね。ついでにiPhoneがルータの代わりになってくれたりしたらもう最高。ケーブルぶら下げてモバイル通信なんてやってられない。

iphone20080121010.jpg


ここまでできればMacBook AirとiPhoneだけの運用のありなのかなって感じがしてきましたよ。

理想のモバイル環境まであと何年?


2008年01月21日17:49 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。