2007年11月10日


iPhoneと公衆無線LANサービス


iPhoneは携帯電話なのですが、通信がGSM方式なので当然日本では携帯電話として利用することができません。
でもこんなに優れたデバイスを外出先で使いたくなるのが人情というもの。

で、パケット通信の他に考えられる接続方法はBluetoothとWi-Fiになるんだけど、BluetoothはDUNに対応していないので携帯電話に接続してダイヤルアップさせるのは不可能。
Wi-FiとWindows Mobile機を接続して利用する方法もあるみたいだけど、iPhoneの他にもう一台携帯電話を買うなんて無理だし、そもそもそんなことするならWindows Mobileを使った方がいい。

ということで一番安価で現実的な公衆無線LANサービスを契約。

契約したのはドコモのmoperaU公衆無線LANサービスと、Yahoo!Japanの公衆無線LANサービスの2つ。

moperaUのサービスはドコモの携帯電話を持っていれば契約が可能で料金はmoperaUのスタンダードプラン500円と公衆無線LANの300円で月額800円。僕の場合何故か会社の携帯電話で既に上記サービスが契約されていたので、この契約をありがたく利用させてもらうことに。契約はi-modeから簡単に手続きすることができます。

Yahoo!のサービスはプレミアム会員なら210円/月。一般のユーザであれば500円/月が発生します。こちらの契約はYahoo! Japanのサイトから手続きができます。僕はプレミアム会員なので毎月210円を負担することに。

思ったより負担金額は少なかったので割と気軽に申し込みすることができました。
携帯電話みたいに変な縛りとか違約金とかも無いので使わなくなったらすぐに解約できるのもありがたい。

またドコモのmoperaUを契約するとYahoo!にもローミングできるようですが500円/24時間と、びっくりするほど高いのでこの使い方は避けた方がいいかも。

契約するとそれぞれESS-ID、WEPキー、ログイン時のユーザIDとパスワードが割り当てられるのでiPhoneに設定すれば利用可能になります。

エリアは僕のよく使う京浜急行の全駅で使えたりして、思っていた以上にAPが多い。
あまり好きじゃないけどマクドナルドでの食事も増えそう。





2007年11月10日11:14 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。