2007年08月04日


上海電脳街散策


昨日普通的生活のコザックさんと上海の電脳街を見てきました。
午前中から夕方まで一日お付き合いいただき通訳までさせてしまいました。非常に助かりました。コザックさん、ありがとうございました。

まず訪れたのは地下鉄一号線の上海駅から歩いてすぐの電脳城。

sha20070804001.jpg


外観は割と近代的な建物です。5階までフロアがありますがほぼ全てのフロアが携帯電話やアクセサリ、SIMカードを販売しているお店です。
雰囲気はバンコクや香港のガジェット売り場と変わらない感じ。
こういうショーケースに携帯電話を入れて販売しています。価格はまったく表示されていないので毎回店員に尋ねる必要があります。

sha20070804005.jpg


日本語はもちろん、全くと言っていいほど英語も通じません。How much?やHow many?も通じないのでジェスチャーや筆談、電卓を叩いて値段交渉します。
陳列されている商品はモックなので実機を見るには、買う段階になってからでないと難しいかもしれません。

sha20070840002.jpg

sha20070840006.jpg


E65やE90のモックもありました。おそらくモックもコピーだと思われます。

iPhoneも売ってます。Apple iPhoneではありませんが、店員さんはiPhoneと言っていました。
リンゴマークが逆さま。

sha20070804004.jpg

sha20070804003.jpg

sha20070804007.jpg


昨日エントリーしたNokia 6300もここで発見しました。

昼食は四川料理を頂きました。とても美味しく夢中になって食べたので写真撮り忘れです。

午後からは地下鉄一号線の徐家匯駅から歩いてすぐのビル(ビル名失念)へ。

sha20070804008.jpg


こちらはPCやアクセサリが豊富に陳列されています。デパートの売り場に近い感じですが、小さなお店がたくさんあります。
ここで日本の友人に頼まれていたお土産を購入。散々価格交渉したけどあまり値切れませんでした。やっぱり素人の一見には中国人の商人相手の価格交渉は難しいと思われます。
それでも日本での価格の半額程度で購入できたので満足しています。

今日の午前中に昨日行ったお店に再度行くと、昨日の価格よりさらに値引きしてくれました。
上海での買い物は何度か通って店員と仲良くなれば、値切るのも可能になるかもしれません。大量の札束を見せると店員の目付きが変わります。
今も店員から「ディスカウントするから金持って来い」とSMSが来ました…
交渉が嫌いな人には非常に疲れると思いますが、値切り交渉が好きな人は楽しめると思います。

中国語が話せて、殺伐とした雰囲気の中で値切る交渉が好きな人には向いている電脳街なのではないでしょうか。バンコク、MBKのような明るい感じのお店や、店員の笑顔を期待すると辛い買い物になってしまうと思います。

いまから上海モバイラーのうめさんとお食事に行ってきます。



2007年08月04日18:22 | Comment(2) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


色々と楽しかったです。また、遊びに来てください。
リンゴマークが反対とは気づかなかったなぁ。 :)

Posted by コザック at 2007年08月05日 10:44

こんにちは。
東京に戻りました。
こちらこそ楽しかったです。特に値切り交渉は最高でした。
また上海に行った時には遊んで下さい。
ありがとうございました。

Posted by No Mobile,No Life. at 2007年08月05日 19:14
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。