2007年07月18日


Wireless Japan 2007


本日から東京ビッグサイトで開催されているWireless Japanへ行ってきました。

wireless2007.jpg


今年はプレス申請をしていなかったので場内での撮影はできませんでしたので入り口の写真だけ。

DoCoMoやau、WILLCOM等の大手の通信事業者やメーカは今年の夏モデルの携帯電話で賑わっていましたが、Webやカタログで手に入る情報レベルだったので軽く見て終わり。そんな中、少し気になったのが株式会社スパークワンのスパークフォンというVoIPサービス。

Gizmoなどと同様にソフトフォンで利用できるIP電話サービスなのですが、このサービスNokia等のVoIPクライアントを搭載している携帯電話でも利用できるようです。
携帯電話に特別なアプリを入れることなく、携帯電話標準のSIP設定で利用が可能です。NokiaE61を正式にサポートしているのも嬉しい限りです。

もちろんユーザ同士の通話は無料。有料サービスに登録すれば一般、携帯電話への通話や03番号も取得できます。
費用は初期費用が2,800円、月額費用が1,200円と導入しやすい価格設定です。

国内通話は他のIP電話サービスと同じ通話料金で設定されていますが、国際電話は他のサービスよりも安く設定されているようです。
通話料金の例ですが、バンコクの固定電話に日本から発信した場合 6円/分、同じくバンコクの携帯電話に電話した場合は7円/分となっています。

ソフトフォンのクライアントはWindows専用となっていますが、一般的なSIPが利用できるソフトウェアであればプラットフォームに関わらず利用できるとのこと。

ただ有料サービスに加入しないと、設定に必要なSIP情報を教えてもらえないのは残念なところ。
支払い前に少しでも検証できればありがたいのですが。

http://www.spark-one.co.jp/j/index.html
http://spark-phone.jp/

追記
LGのchocolateのホットモックがドコモブースで展示されていましたが、表示の遅さやタッチした感触等が、海外版と比べてまだまだと言った印象でした。
これからの作り込みに期待です。





2007年07月18日21:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。