2011年08月31日


ジャパンSIMカード


久し振りのモバイルネタ。というかSIMカードネタ。
普段は全く気にならないけど、海外に遊びに行く際に困るのが現地での携帯電話の確保。日本にいるときと同じように海外でも四六時中インターネットに繋がっていたい!というのはよくあるお話。先月行ったバンコクではSIMカードが空港や街中で簡単に手に入れられたし通信料金も安かった。適当に選んでSIMフリーのiPhoneにプリペイドSIM入れれば使えるようになる。1週間程度の旅行であればこれで十分だった。

で、今度は逆の立場になって考えてみる。もし自分が海外在住になり、年に数回日本に戻ってくるだけの生活になったら通信手段はどうするか。

■帰国する度に携帯電話の契約をする
→面倒くさいし契約事務手数料を毎回支払うのは無駄。毎回電話番号が変わるなんてありえない。

■今まで通りポストペイドで支払いを続ける
→電話番号は維持できるけど、毎月の基本料金は利用しなくても発生する。

■プリペイド携帯電話を購入する
→使っても使わなくても一定額は事前に入金しないといけない。有効期限もある。

上記のような問題を解決するサービス、ハナセルの「ジャパンSIMカード」というサービスがあったので早速使ってみることに。

これ、どういう商品かというと、ソフトバンクのSIMカードを5年間、$25-で維持できるサービス。つまり契約時に米ドルで25ドルを支払うと5年間、同じ電話番号を継続して利用することができる。通話と通信料金はポストペイド方式で利用した分だけ登録時のクレジットカードにチャージされるという仕組み。

japansim000.jpg


契約はWebで申し込みを行ったあと本人確認書類をメールかFAXで送信する。SIMカードが到着したらアクティベーションを実行すると利用できるようになる。SIMカードは郵送なのだけど、送付先は日本かアメリカ限定なのが残念。

使い方はいたって簡単。SIMフリーの携帯電話もしくはSoftBankの3G携帯電話にSIMカードを入れるだけ。(SIMカードはmicro SIMも用意されているのでiPhone 4を利用している人はこちらを)あとは普通の携帯電話同様に通話するなりSMSするなり、Twitterするなりお好きにどうぞ。

で、肝心の通話、通信料金は以下の通り。

japansim001.jpg


毎月の基本料金が発生しない分、通話通信はSoftBankと契約するより高くなる。USドル決済なので為替に左右されたり課金体系が異なるので単純比較はできないけど、ホワイトプランが42円/分なのでおおよそ2倍くらいの通話料か。まあこの辺は相手に折り返してもらうなりSMSを活用するなりでそれなりに安くはできそう。

このサービス年に数回帰国しか帰国しない人を対象にしているけど、日本に住んでいる人でもサブ回線として使うには十分かもしれない。結構オススメ。




2011年08月31日13:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。