2011年05月24日


iPhoneアプリ”Super 英単語 30000”で英単語を覚える 



アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。



会社員になって十数年。ニ年に一度は会社命令で受けさせられるTOEIC試験。英語に関しては特別な教育を受けていたり英語圏に住んだりしたことがない僕や同僚にとって結構頭が痛い問題だったりする。



TOEIC のスコアと実際の言葉のコミュニケーションは別物っていうのは誰もが知っていることだけども、会社員たるもの、出された課題に対してはそれなりの結果を出していかざるを得ない。かと言って学生時代のように会社が業務時間を勉強のために割り当ててくれるはずもなく限られた時間を有効活用するしかないのが現実。



スコアを伸ばすためのテクニックに走ってもいいのだけど、折角取り組むのだからとここ何年も色々な教材を試してきた。一般的な書籍やテキスト、会社から支給 される対策講座の本やCDなどなど。もちろん溢れるほど存在するiPhone,iPadアプリやPodcastもいくつか取り組んでみた。

とは言え基本的 には紙のテキストがiPhoneの画面に変わり、CDで提供されていたものがPodcastになったという勉強の仕方というより勉強するための教材の提供方法が変化したという使い方。なんとなく中途半端な感じが拭えなかった。

などという話をしていたら、運良くリリースされる前の英語学習アプリを試させてもらう機会に恵まれた。このアプリ、韓国では既に発売されていてApp Storeの全ジャンルでトップセールスを記録したとか。(アプリは開発版です。実際のアプリとは少々異なる場合があります)



という訳で今回色々と試させてもらい気がついたことなどを。



■気がついたことその1 
収録されている単語の量が圧倒的に多い

3000001.PNG


その数30000語。

僕の場合はTOEICに出題される単語をメインに学習する訳だけど、他にもTOEFL、英検などの出題傾向別に分けて学習することができるように設定されている。


例えばTOEICで3900語、TOEFLで6200語、英検1級で1300語など。30000語の中から効率よく記憶することができるのだ。



3000002.PNG


実際の学習は英単語、もしくは日本語のいずれかを隠すことができ、英語→日本語、日本語→英語の学習ができる。ここでちょっと驚いたのが単語が表示されるのと同時にネイティブの発音が聞けるのだけど、発音記号も同時に表示されるってこと。

発音記号って軽視する人が多いかもしれないけど個人的には非常に大切な部分だったりする。
この発音記号が抜けてるアプリや辞書が多い中で、きちんと表示されるのはありがたい。

これは単語をだけでなく、熟語も同じ。TOEICについては1200、TOEFLおよび日常英熟語については1500ずつとなる。

よくある無料アプリなんかだと少ない数の単語が繰り返し表示されるので単語そのものよりも出題する順番を覚えちゃたりする。これは紙の参考書も同じだけど、こういった事を感じさせないのは余計な事に気を取られずに学習できるのではないかと思う。



■気がついたことその2
 SNS連携

30000003.PNG



英語学習の本来の意味とは違うのだろうけど、FacebookとTwitter連携が可能だ。この機能が使えるのは「WORLD CHALLENGE」という機能でアプリケーションから出題された試験結果を世界中のユーザと競う事ができるのだけど、その結果についてtweetすることができる。
 

TwitterやFacebookに投稿したから直接スコアアップに結び付くってことではないけども、モチベーションを上げるって意味では非常に役立つのだ。これはダイエット、自転車、ジョギングなどの経過や結果を投稿する事で何故かヤル気が出ちゃうのと同じ理屈かな。



■気がついたことその3 テスト


3000004.PNG


これはiPhoneアプリらしいなと思う。ランダム表示される日本語を英単語にしていくのだけど、全てのスペルを埋めるわけではなく歯抜けになっている部分 を埋めてゆく。時間も限られているので結構焦るけどなんども繰り返してテストしていると自然とスペルが覚えられているのだ。




■気がついたことその4
 テーマ別英単語

3000005.PNG


懐かしい。
例えば「BODY」というテーマを選択すると身体に関する単語が出題される。出題される単語は身体の部位など簡単な単語が多いのでTOEICやTOEFLとは直接関係がないけど、中学生の頃の学習方法に似ていて結構ハマった。


英語学習アプリは色々と試してみたけれど、このアプリは「単語を記憶する」という意味では使いやすく、iPhoneならではという機能が満載されていると思う。価格も買いやすいと思うので英語学習中の人は是非試して欲しいアプリ。

AppStoreリンク

今回試したのはiPhone用のアプリだけどiPadでも利用出来る。
持っていない人はiiPad2 or iTunesカードプレゼントキャンペーンなんかもやっているので、是非応募してみて。






2011年05月24日18:00 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。