2009年11月28日


D25HW × Eye-Fi × Nikon × iPhone 3GS × eneloop


先週末に購入したPocket WiFiだけど、紆余曲折ありながらもようやく日常で利用することができるようになったのでエントリーしてみる。

本体でできることは昨今流行りのモバイルルータとほぼ同じ。PHS300等でも同じことはできたけど、モデムを外付けにしたりしなくてはいけないなどかなり使い勝手が悪かった。本体の設定も面倒で、ケーブルの取り回しなんかもカッコ悪い。そういう悪い部分を完全に払拭したのがこのPocket WiFi。モデムもSIMもバッテリーも内蔵されていて設定も簡単。サイズも、商品名の通りポケットに入れられるほど。

見た目は小さいマウスのようで高級感はないけど許せる範囲。まあ普段はカバンやポケットに入れっぱなしなので見た目に関してはあまり気にする必要はない。

■どんなガジェットで使う?

このPocket WiFiはルータ機能も持っているので基本的に無線LANを搭載した機器ならば接続可能。当たり前だけどインフラストラクチャモードで利用できる。ということで手持ちのガジェットをいくつか試してみた。

MacBook
普通に使える。まあMacに繋げても面白みはない。PC or Macだけを接続するために買うのなら普通のモデムでも十分だ。ただしケーブル接続や取り回しのよさはPocket WiFiの方が便利だと思う。ダイヤルアップ不要だしね。

iPhone
最悪な状況のソフトバンクの回線事情。全然パケットは流れてこないのはiPhoneユーザとしてはかなりのストレス。さらに12月からは特定のユーザには速度制限まで実施される。僕もどうやら対象ユーザになってしまうようなのでしばらくは、Pocket WiFiを利用してみることにしようと思う。ただし無理して全ての通信をイー・モバイルで行おうとするとストレスが溜まると思うので臨機応変にね。

pocket20091126.jpg


実際に使ってみると、やっぱり快適。同じ3G回線でもこんなにインターネットの体感速度が違うことにショックを受けた。光回線で接続されている自宅の WiFiネットワークと変わりない感覚で利用することができる。いや、多分これが普通でソフトバンクの回線が遅すぎるだけなんだろうけど。ちなみに iPhoneからみるとWi-Fi接続なのでSkypeも使えるしYouTubeも高画質で観られるのも嬉しいところ。

Eye-Fi
一番楽しみにしていたのがこれ。Eye-Fiはデジカメに内蔵できるWi-Fi付きのSDカードなんだけど今までは出先で使うのは実用的ではなかったんだよね。

eyefi20091128.jpg


で、早速D5000に入れて使ってみる。事前にPC or MacからEye-Fiの設定をしておく。僕は写真のアップロード先をFlickrに、動画はYouTubeに指定して使っている。他にもたくさんのな Webサービスにアップロードできるけど、現状ではこの2つが一番使い勝手が良いと思う。

基本的にカメラは何でも良いと思うのだけどD5000を選んだのはこれが大きな理由。

d500020091128.jpg


そう。カメラ本体がEye-Fiを認識してカードをカメラ本体に入れるとアンテナマークが表示されるのだ。アップロードが開始されるとアンテナ表示が点滅してステータスを確認することができる。アップロードが完了するまで電源が切れることもない。そういう意味でNikonとEye-Fiの組み合わせは最高なのだ。

実際のアップロードは基本的にカメラがやってくれるので、ユーザ側で何かを意識する必要はない。撮ったら即アップロードが開始される。ただし僕は全ての写真をアップロードしたい訳ではないので個別の写真を選んでアップロードしている。この場合はアップしたい写真を選んでカメラ本体で写真を保護するだけ。再生が面からAFロックボタンを押すと写真は保護される。

写真を撮ってから再生画面で写真を選んで保護し Flickrへのアップロードが完了するまで1分弱といったところか。全くストレスは感じない。Flickrに上がった写真は手元にあるiPhoneで簡単に確認することができる。ブラウザを使ってもいいのだけど、アプリを使うとものすごく快適に閲覧することができる。お勧めなのはFlickr公式アプリかMobile Fotoというアプリ。いずれかを利用すればたった今撮影した写真を手元のiPhoneで見ることができちゃう。

foto20091128.jpg

当然写真をiPhoneへダウンロードすることもできるので、あとはメールするなりブログへ投稿するなりTwitterへ流すなりして楽しめばいい。 iPhoneのカメラより遥かにキレイな写真をリアルタイム共有できる。うーん。素晴らしいね。今までデジカメ内のデータをいかにしてPCレスで共有するかでたくさん頭を悩ませてきたけど、インターネットをハブにすることでようやく解決したよ。しかも完璧なワイヤレスで。下手にiPhoneとデジカメをケーブルで繋いで取り込んだりするよりよっぽどスマートで快適だと思う。SDカードの残り容量も気にしなくていい。なにせ向こう側には無限のストレージ容量があるのだから。という訳で重いMacを持ち歩かなくてよくなった副作用として大きなレンズを購入してしまった。ってこれは言い訳か。

いずれの機器を使った場合もPocket WiFi側の操作を行う必要がなく、クライアント側の要求で自動的にインターネットに接続してくれるのはうれしい仕様。Pocket WiFiはカバンの中に放り込んでおくだけでいい。こういう余計な操作が必要ないっていうのはとても大切なことだと思う。

■バッテリーの心配

こんな感じで使っていると心配なのははやりバッテリー。本体に内蔵されているバッテリーだとカタログ値で4時間の通信が可能。実際の利用でもほぼ同じくらい使えるのだけど一日中使うことを考えるとやはり心許ない。そこで得意のeneloop mobile boosterの登場。Pocket WiFiの充電ポートはminiUSBなので、添付されているUSBケーブルで充電できる。通信しながらの充電はできないけど、本体内蔵のバッテリーより先にeneloop mobile boosterのバッテリーを利用してくれる。これでおおよそ8時間から10時間ほどの連続使用ができるのでバッテリーに関してはほぼ問題なくなるはずだ。

■結論

やっぱり手持ちのガジェットがPCや固定のネットワークを介さずワイヤレス&モバイルでインターネットに繋がるというのは未来を感じる。もう少し頑張れば遊びだけじゃなく仕事にも上手く活用できるかもしれないななんて考えるのでした。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 レンズキット

Eye-Fi Share Video SD型ワイヤレスメモリカード(動画対応版)

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー KBC-L2S

イー・モバイルの「Pocket WiFi(D25HW)」




2009年11月28日08:45 | Comment(5) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


おめでとうございます。

とうとうデジタルカメラから、写真を共有する方法が確立しましたね。ずっと考えていらっしゃいましたもんね。

それこそノキアをお使いの頃から。


NMNLさんのノキア話が聞けなくなり若干寂しいのですが、iPhone情報も参考にさせていただいております。

Posted by つじも at 2009年11月28日 21:35

Nokiaもなかなか魅力的な携帯電話を出しませんねぇ。
面白い電話機があれば買うんですけれども。。

Posted by No Mobile,No Life. at 2009年11月28日 23:42

東京でのソフトバンクの通信速度ってそんなに遅いんですか?

昨日京都に帰った時、そして今岡山市内で
スピードテストアプリにて計測してみましたが、
3GSだと、コンスタントに1500kbps、
たまに3000kbpsでますけどね。

ただ私も3GSを買ってからスピード計測しまくってるので、規制にはびくびくしてます‥

Posted by k at 2009年12月07日 07:57

こんばんは。D25HWのことを調べていてこちらのサイトにたどり着きました。
D25HWをairmac expressに一旦飛ばして、その後、PCに接続することは可能だと思われますか。
もし存じ上げれば、お教えくださいませ。

Posted by kuwa at 2009年12月16日 22:19

pocket wifiって海外でシム買って使えるんですかね?使えれば非常に便利ですね!

Posted by iapple at 2010年02月09日 00:49
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134115031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。