2009年10月03日


SDHCカードって壊れるんだ


ここ数年、メモリーカードが壊れて利用できなくなってことがなかったので、最初はカメラの故障かと思ってしまった。壊れたのはTrancendのSDHCカード。動画を撮影中に突然書き込みエラーになってデータごと消失。カメラでフォーマットしてもだめ、Macでは認識すらしてくれなくなっちゃった。

たまたま中のデータは大したものじゃなかったのでよかったのだけど、これが出先だったり旅先だったりしたら泣くに泣けない。

ということで、買いかえましたよ、今度はA-DATAのSDHCカードに。最初は32GBでと思ったけど、大容量すぎても壊れたときのショックが大きそうだし、コストパフォーマンスとしても16GBの方が良さそうだったのでこちらをを2枚。早速カメラに入れてみたところ、全く問題なく動作している模様。

sdcard20091003.jpg

しかし、16GBを3枚に加えてEye-Fiカードで50GB分のカードを持ち歩いている状態は一体どうなんだろう。本当は写真や動画を撮ったそばからどんどんネット上のストレージに上げていけばこんなに持ち歩く必要もないのだけど。

こんな状態じゃ出先でガンガン動画や写真のアップロードなんてできないよねぇ。
各キャリアが実施する、パケット通信の速度制限

HD動画なんてアップロードしたら10GBなんてあっという間に使い切っちゃう。ブログやYouTubeなんかを見てるとコンテンツが確実に動画へとシフトしていっていると思うんだけど、この辺はどう考えてるんでしょうね、日本の事業者さんは。

A-DATA Turbo SDHC 16GB Class6 SDHC16GB




2009年10月03日12:34 | Comment(5) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


TrancendのSDHCカードは永久保証じゃないですか?
交換してもらえたのでは?

Posted by みっち at 2009年10月04日 01:26

面倒臭いのでゴミ箱に捨てました。
一度壊れたのと同じメーカのもの使いたくないですしね。

Posted by No Mobile,No Life. at 2009年10月04日 01:35

まぁメディア安いですからね。
交換の手間も考えると。。。
本体のほうじゃそうはいかないですからね(笑)

Posted by みっち at 2009年10月04日 20:50

たまに、壊れたと思ってもPanaのソフトでフォーマット掛けると、治ったりしましたが・・・
Windows限定だったかもしれませんが。

Posted by ディジェSE-R at 2009年10月07日 00:33

パケット通信の制約規制、どれだけの規制がされるのか気になりますね。

使い放題払っているのにパケットを気にしながら使わなきゃいけないという、変な意識がでちゃいますね。

Posted by DIGIハック at 2009年10月07日 16:42
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129396897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。