2009年07月25日


RSSフィードの購読数を大幅に減らしTwitterへ移行することにした


ここ数年間はRSSリーダでサイトやブログの更新を見るのが当たり前になっていたけど、いつの間にか購読フィードも400以上になっていた。半日チェックしないとあっと言う間に未読1000+になってしまう。この未読数が意外にプレッシャーというか未読数の数字が多くなるほど憂鬱になってくる。

reader00001.jpg


今回思い切ってGoogle Readerに登録しているフィードを整理することに。数百のフィードを一つ一つ消していくのは面倒なので条件を決めて作業した。

1)Google Readerのトレンドを見て90日以上更新がないサイトは全て削除
  3ヶ月間更新がなければ今後もないだろうし、あったとしてもその時にはサイトの存在すら忘れているだろうから。
  
2)大手ニュースサイトも全て削除
  政治、経済、社会、スポーツなどのニュースサイトはフィードではなく直接見に行くことに。
記事の時間軸で読むのではなく見出しの大きい重要ニュースからチェックした方が効率よさそうだ。
  
3)IT系ニュースサイトも全て削除
  ノイズが多すぎる気がする。必要ない情報やフィード配信される広告が異常なほど邪魔。
  
4)コピペブログも全て削除
  ニュースや他ブログからのコピペ系ブログも削除。重複情報が多すぎるから。

この条件で削除していったら最終的に83個に落ち着いた。これで未読数をみて憂鬱になることもないだろう。

僕はテレビも持ってないし新聞や雑誌も取っていない。テレビは観なくても全く困らないし新聞は会社で購読している数誌を無料で読むことができる。雑誌は、、、もう必要ないね。で、代わりに何をするかというとTwitterのフォローを増やすことにした。

RSSフィードに比べてTwitterの良い点

■新聞やテレビなんかより速報性があるしRSSリーダのようなタイムラグもない
■140文字以内で表現されているので無駄な情報が入ってこない
■余計な広告がない。むしろ少しくらいあってもいいような気もするが
■人の手で情報がフィルタリングされてる
■無料。これだけの情報がタダで手に入れられるなんて素晴らしいことだ
■フォロー、リムーブが簡単にできる。mixiのマイミクみたいなウザい関係が全くない
■RSSリーダやメーラのように未読数の表示がない。未読という概念がないのは気楽だ
■トレンドが読める。タイムラインを見ているだけで情報の重要性がわかる

まだ他にもあるだろうけどこんなところかな。TwitterとiPhoneの相性が良いのも理由の一つになるか。Twitter用のアプリも豊富で用途によって使い分けできるし、アプリによってはサラサラと流れるように読むことができる。

更に欲を言えば、日本語でのリアルタイム検索が充実してくればGoolge検索とは違う楽しみ方ができると思うんだけど。




2009年07月25日21:36 | Comment(0) | TrackBack(0)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。