2009年07月18日


キャバクラにiPhone持っていったら2時間もTwitterとTumblrのプレゼンさせられた


この記事を読んで先日行ったキャバクラのことを思い出した。

hat's my scene? ver.7.2:TwitterとTumblrをやめた
今のTwitterやTumblrに溢れている情報の上澄みをさらって読み込んでいくと、日本に住む普通の人達のメンタリティとは非常に乖離した思想が自分の頭の中に猛烈な速度で浸透していく。で、そういうベクトルでモノを考えるようになると、そういう思考の仕方をしない普通の人達とつきあうのがとても苦痛になる。

TwitterやTumblrというのは、4〜5年は早いような人達が一部にいて、そのあとに1〜3年ぐらい早い人達が集団でいる世界だ。そういう状況は、ちょっと新しいモノ好きな人達には丁度良い速度なのかもしれないけれど、逆に言えば、もはや普通の人達には全然ついていけないペースだ。
極論すると、TwitterやTumblrでの常識は、普通の人にとっては理解しがたい非常識。そこには大きな壁がある。

普段はブロガーさんやTwitterで知り合った人と遊ぶ機会が多いので気がつかなかったけどTwitterやTumblrを知らない人にiPhoneを使ってそのサービス内容を説明するのって大変すぎる。iPhone自体は既にみんな知ってるからいいんだけど、電話番号やメールアドレスを交換するようにTwitterのIDを交換し合うって所までは至っていないみたい。

Tumblrに関しては「reblog?はぁ?何それ、美味しいの?」みたいな反応だ。
この二つのWebサービスって既にメールや電話と同じ感覚で使ってるから何が楽しいとか便利とか改めて考えた事なかったけど、具体的な説明を求められると困っちゃうのよね。

キャバクラのお姉さんには頑張って説明したけど、あまり上手く伝わらなかったかも。キャバクラ嬢がTwitterでお客さんに営業したり、コミュニケーション取ったりするような時代になるのにはまだ時間が掛かるのかもね。

まあ、お店自体は結構楽しめたからいいんだけど。




2009年07月18日20:20 | Comment(1) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


同様にMyspaceもですね。
アメリカでは、MyspaceのURLは?だけで通じるらしいですから。
最近は、アーティストさんじゃなくてもクリエイターとかいろいろな方向にも力を入れてますから。
ぜひクリエイターさんも参加してほしいところ。
あとFaceBookとやらも普及していない。

ガラパゴスい屋根です

Posted by @yu at 2009年07月19日 00:50
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。