2009年06月11日


日本の携帯電話アプリはiPhoneやAndroidアプリの水準には達していない


TechCrunch
「飛行機に乗ったギーク(GeeksOnAPlane)」グループが東京で学んだこと

昨日、日本の携帯電話事情を世界中の人に知って欲しいという記事をエントリーした直後だったのでとても興奮して読ませていただいた。

私は日本のモバイル・テクノロジーはアメリカの何光年も先を行っているという印象を受けていた。しかし、こちらに来てみると、なるほどこの評判を裏付ける多数の事実があるにせよ、実態はかなり複雑なものであることが分かった。

日本ではアメリカには存在しないサービスが多数提供されている。日本ではライブで〔ワンセグ〕テレビを視聴し、QRコードをスキャンし、地下鉄や店舗で非接触式リーダー〔お財布ケータイ〕による支払を行うことができる。

しかし、その一方で、われわれはいくつかの携帯アプリのデモを見たが、残念ながら技術的な洗練度は驚くほどプリミティブだった。一般的な品質は数年前のWAPアプリのレベルで、昨年から登場し始めた強力なiPhoneやAndroidアプリの水準には達していない。


鋭い。鋭過ぎる。たった2日半の滞在で日本の携帯電話事情を見抜いてしまってる。偏った書き方でもなく、公平に評価しているのも非常に好印象。グローバルだ!世界基準だ!なんて意味のない比較をしてることもない。

なるほどアプリに注目されると、確かにiPhoneにはあっと言う間に追い抜かれてしまっている。ほとんどのアプリはゲームで占められ有料かつ高額。TwitterやTumblrを便利に使う為の無料アプリなんて皆無だもん。

この辺は制限が多い携帯電話の仕様や、開発に莫大な労力とお金が掛かることで、個人の開発者が参入しにくいっていう環境が原因なのかもしれない。例え素晴らしいアプリが個人の手で作られていたとしても、キャリアの公式サイトに認められない限り存在しないもの同然になってしまうし。まあこれはiTunesとAppStoreが出てきたことでクローズアップされただけなんだろうけど。

ともかくアメリカのギークと呼ばれる人が、日本の携帯電話事情をほぼ正確に世界に発信してくれたという意味では、とても興味深いエントリーだったと思う。




2009年06月11日14:28 | Comment(5) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


>グローバルだ!世界基準だ!なんて意味のない比較をしてることもない。

SMSがキャリア間で使えなかったり、GSMが存在しないなど、キャリアの問題による国際規格から外れていることのデメリットは外国人には意味がないでしょうし、日本から出ない人にも無意味でしょう。
この方の見方は外国から日本に来る方の当たり前な見方だと思います。
ただし、滞在二日間ではローミングで十分でしょうし、国外在住者が日本のキャリア回線を使わなければならなくなったときの無間地獄のごときハードルは体験されていないようです。
逆に国際規格を無視した国内携帯の問題を「意味のない比較」というのは、国内に居続ける前提の国産ギーク独特の視点だと思います。

Posted by shamil at 2009年06月11日 15:19

上記リンク先では、日本人が携帯電話をどのように使っているのかを紹介するという視点で書かれていると僕は解釈しました。

これが「外国人が日本で携帯電話を契約できるか?」
というエントリーだったら僕は全く別の感想を書いたと思います。

そう言う意味で、国やキャリアのスタンスを議論し始めたら終わりがなくなるので『意味がない』と表現しました。




Posted by No Mobile,No Life. at 2009年06月11日 15:45

それは記事からよく分かりました。
しかし、国やキャリアのスタンスを問題にするのが「きりがないから意味がない」というのはそれ自体極端なスタンスです。そちらの方がオタクの視点を持っていない一般人には意味不明な態度に思えます。

Posted by shamil at 2009年06月12日 01:42

うーん。
僕はあの記事の内容がSMSやGSMがどうのこうのとか語っていないから面白いと感じたのですが。

むしろSMSがキャリア間で送受信できないことを嘆いたり、GSMがないから不便を感じる日本人の方がオタクなんじゃないですかねぇ。



Posted by No Mobile,No Life. at 2009年06月12日 07:24

その記事はその人たちを案内した
案内人がどんな人かで内容が
変わるような気もしないでもないです。
日本語が読めないから、ケータイデバイスに
最適化されたウェブサイトが豊富にある事
とかも、わからんのかもしれませんし。

Twitterのクライアントはあるみたいです。
DoCoMo用ですが。

http://usy.jp/twitter/index.php?%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%8B%E3%82%89Twitter

iアプリは普通のPCがあれば、
作る事ができるので、該当アプリが
ない理由で一番大きいのはそれを誰も
必要としていないってとこじゃないかと思います。

あとゲームや遊び機能が多いのはおそらく、
暇つぶしが一番大きい需要だったからと思われます。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/16/23173.html
これ、フィンランドの研究なんですけど、
スマートフォンの新機能を利用する最大の
目的は暇つぶしって結果が出ています。
これがどの程度汎用性を持つ調査なのか
どうかはわからないのですが。

http://www.cellular-news.com/story/37010.php
1200人ほどのフィンランド人を対象にした調査のようです。

3年ほど前のアメリカでの調査ですが、
41% of Americans Use Their Cell Phone to Kill Time
http://www.smartphonethoughts.com/news/show/18922/41-of-americans-use-their-cell-phone-to-kill-time.html

ゲームデバイスとして、iPhone/iPod touchが
注目されてることからも、ケータイデバイスでの
暇つぶし機能は市場的には重要な機能なんじゃないかなと。

Posted by DDIポケットの研究。 at 2009年06月12日 18:29
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121281096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。