2009年06月10日


日本の携帯電話事情を世界中の人に知って欲しい


ここ最近日本の携帯電話の写真や動画をFlickrやYouTubeにアップしたりしているんだけど、日本からではなく意外にも海外からの反応が高い。わざわざこのブログを翻訳サイトを通して見に来ていただいている人も。絶対上手く伝わってないと思うんだけど。

また普段はほとんどこない海外からのダイレクトメールも何通かいただいた。いったい日本はどうなっているんだ?みたいな内容で。

こんなにインターネットが日常的に使われているのに、日本の携帯電話ってほとんど海外で認知されていないのだろうか。
考えてみればiPhoneやBlackBerryなどの情報はWeb上にたくさんあるのだけど、日本の携帯電話事情を日本語以外の言語で紹介しているブログやメディアって少ないというか、ほとんどない。

海外からは日本の携帯電話って相手にされていないし、興味ももたれていないと思っていたのだけど、実はみんな知らないだけなんじゃないかな。

そりゃ、通話やインターネットはもちろん、TVも見られる防水の電話を持って、電車や飛行機、タクシーに乗れて、コンビニで買物でき、日々の健康管理もできちゃうような携帯電話を子供から大人まで普通に使ってるんだぜ!なんて言ったら外国の人は驚くよねぇ。だからといって日本で海外メーカの携帯電話が使えないって訳でもないし。

携帯電話本体だけじゃなくてネットワークだってめちゃくちゃ高速だ。北海道から沖縄まで一億人近い人たちが3G対応の携帯電話を利用して、その内の3割くらいの人ががメガビットクラスの高速通信を利用してる。それでも足りずに20Mbpsだ40Mbpsだと大騒ぎしてる。

この辺はメディアやブログだけじゃなく、ドコモなどの通信キャリアや携帯電話メーカもあまりアピールしていないというか下手くそというか。

今すぐにって訳じゃないけど端末やサービス、ユーザ視点での利用シーンを海外の人にも知ってもらえるようなブログでも作ろうかななんて。もちろんニュースやプレスリリースなどをコピペ翻訳してWebで公開するっていうのは、単なるコピペブログになるし全く意味がないからやらないけど。

多数の言語で書くのは不可能に近いから、写真や動画をたくさん使い簡単な英語だけで構築していけばハードルも下がるような気もするんだよね。






2009年06月10日15:35 | Comment(10) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


日本の携帯電話事情について世界の人々に知ってもらいたいというのは非常に同感です。端末自体の性能を伝えるのはそれほど難しくはないと思いますがサービスや利用シーンを伝えるには日本の事情を理解してもらう必要があるので難しそうですね。


Posted by jiminy at 2009年06月10日 16:31

http://wirelesswatch.jp/
this is my only source

Posted by James at 2009年06月10日 18:11

No Mobile, No Lifeさん.... 是非頑張って欲しいです。応援してます!

Posted by Internet In My Pocket at 2009年06月10日 20:28

jiminyさん
そうなんですよ、完全な文化になっているのでその辺を伝えるのが難しいかなと思っています。
一人じゃ無理かなぁ。

Jamesさん
やっぱり少ないですよね。
もう少しユーザ目線でのブログを書きたいなと思っているのです。

Internet In My Pocketさん
こっそり作って反応が良かったらブログで紹介するかも。。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年06月10日 20:39

毎日楽しく拝見させていただいております。
感謝です。

Youtube,Flickrは世界標準。
だから世界が反応する。
日本の携帯電話は日本標準。
お財布などの機能も日本標準。
iPhoneやBlackberryも世界標準。
ということではないでしょうか?

通信事情がすばらしいことも、Sharpの携帯が
すごいことも世界標準の方々には、異端に映る。
電子決済もNokiaで研究されていますし、そのうち
世界標準として時間はかかるが流通していくことになるでしょう。

日本で使用していた携帯電話が海外に行くと
使えなくなり、その国の言語の携帯を渡されて
ローマ字でSMSを打つ。 これが普通です。

せめて規定契約期間を過ぎたらSIM解除して
欲しいと願うのは私だけでしょうか?
いつの日か、日本がグローバルな世界で共存して欲しいです。

Posted by tomh0411 at 2009年06月10日 20:50

何というか、それぞれの国で良い部分とそうでない部分があると思うんですよ。

なので、まずは日本の携帯電話事情を知って貰うことが大切なんじゃないかなって思っています。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年06月10日 20:59

はじめまして、いつも拝見させていただいてます。
面白いアイディアですよね。確かに、10年くらい前に通信系企業のPRビデオで見た世界が実際に東京ではほぼ実現してますからね。結構興味を持つ人も多そうです。

少し話がそれますが、今の国内の携帯電話の状況を見ると、周り(の国)を待ってたんじゃだめだからどんどん自前でプラットフォームつくって、ビジネスモデルもつくって皆が夢見ていた世界を実現したのに、周りが追いついてきたらガラパゴスと呼ばれ・・・最近ちょっとキャリアがかわいそうな気がしてきてます f^_^;

まぁ作ったプラットフォームをオープンにできなかった点が最大のあやまちだったんですかねぇ。
あ、PDCは言語道断だったと思いますけどね。(笑)

Posted by seymour0 at 2009年06月10日 21:36

携帯電話のビジネスモデルを語り出すとキリがないんですよね。
AppleもRIMもどちらかといえば日本のビジネスモデルに近いと思います。

全てオープンにすればユーザが満足するかといえばそうでない場合もあるわけですし。

議論するブログというより単純に現状を知って貰いたいという意識の方が強いです。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年06月10日 22:19

海外の人でも興味を持ってくれている人は、よく知っていますよ。
以前はGizmodoやEngadgetなどの米国メディアが関心を持ってとりあげていました。
ただし、話題になっていたのはデザインとかハードの側面だけ。

最近ではなぜかイギリスのメディアがすごく興味を持っていて、私もBBCをはじめテレビ、ラジオ、雑誌などの取材を受けています(実はちょうど忙しくてアテンドできていないのですが、ちょうどBBC radioの女性が日本に取材に来ています。)

おサイフケータイで電車に乗ったり、おサイフのクーポン。
ナビウォークの機能などを見せると感動して「さすが日本、先進的!」とうなっています。
QRコードにも興味津々だし、赤外線にしてもそう。
携帯小説などの文化にも非常に興味を持っています。

ただ、auの携帯とかに英語モードとかがあるので、渡してみても、ぜんぜん使いこなせない。
日本人が海外携帯を使いづらいと感じるのと同じで、やはり使いづらいと感じるようです。

この日本の携帯がガラパゴスになってしまったのは、iモードの海外展開が失敗して、しかも、3Gのネットワークが日本にしかなかったからですが、今は海外にもiPhoneと共に3Gのネットワークが広がっているんですよね。
 なので、日本のメーカーには海外に再びでていくチャンスはあると思います。

 ただ、残念なのは、日本の携帯のすごい機能って、ナビにしても、おサイフにしても、メーカーの実力ではなく、キャリアとのコラボで実現しているので、ハードの純粋な機能を見ると、実はいまひとつ魅力が少ない。
 キャリアは、もう少しメーカーに体力をつけさせるようなことをかんがえてあげないといけない気がしています。

Posted by 林 信行 at 2009年07月11日 00:45

ユーザ視点で見ると日本の市場ってとても面白いと思います。
日本独自の携帯電話はもちろんiPhone、BlackBerry、Androidなどの海外製の携帯電話が不自由なく使えるんですから。

十数社の携帯電話メーカがひしめきあってる市場って世界的にも珍しいのではないでしょうか。

日本中どこへ行っても3GやHSDPAの高速ネットワークで通信できるのも、キャリアと端末メーカ、ネットワークベンダが一体になっていたから実現したのだと思います。
まあその分ユーザは高い通信費を払ってきたのですが。

携帯電話がデジタル化されてまだ20年も経っていないわけですから、日本のメーカが海外に再挑戦するのも十分チャンスはあると思っています。
ただ現状では仰る通りメーカ独自の色は出しにくいと思います。海外のキャリアも巻き込んでおサイフケータイなどのサービスを、日本のビジネスモデルに近い形で実現していければ躍進する可能性もあるのではないでしょうか。

auの携帯電話が使いこなせないっていうのはよくわかります。だって日本人の僕でも使いにくいと感じるんですもの 笑


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年07月11日 01:39
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121214862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。