2009年05月31日


Sportio water beatのタッチってどう?


Sportio water beatはiPhoneと同じ静電式のタッチパネルを採用している。爪やスタイラスじゃなくて指の腹でタッチして操作するタイプね。今日から少しずつ触ってみた。で、結論から言うと全くもって実用的ではない。

操作中の動画を見ていただくとわかると思うけどiPhoneと同じように考えて使うと投げ捨てたくなると思う。



というのもタッチに最適化されている画面は待受画面と第一階層のみ。あとは普通の携帯電話同様にテキストでメニュー内容が表示されるので意図した場所と違う場所が反応してしまう。

特にWebやアプリなどは酷いもので、リンク先への移動やスクロールするのに、タッチでは操作できず毎回ソフトキーボードが立ち上げることになる。

そりゃそうだ。最初からタッチすることを前提に設計されたiPhoneと違いSportioは既存の携帯電話のインターフェイスを無理矢理タッチさせてるだけなんだもん。特にauのKCP+なんてタッチパネル操作の事なんて何にも考えないで作っているだろうし。

唯一の救いはサイドにナビゲーションキーがありこっちを使うとWebはそれなりに快適操作することができるようになる。おそらくメーカの人もタッチスクリーンだけじゃ使い物にならないってことに気がついているんだろうね。KCP+という制約が多い中で苦肉の策というか上手く逃げたというか。

waterbeat001.jpg


この電話はメールやWebやテキスト入力を中心に携帯電話を使っている人には向かないと思う。個人的にはau SSに特化した専用端末として購入したので全然気にならないけど。ついでに通話とおサイフケータイも使えるんだって考えると楽しく使えるんじゃないかなと。所謂キワモノだよね。

携帯電話とは関係ないけど、この動画レビューってすんごい作るの大変。大手メディアサイトでもほとんど動画レビューってなかったり、あってもノーカットで垂れ流しみたいなのが多いんだけど今回やってみてその理由がなんとなくわかった。

動画作るのが異常なほど大変な割に、効果が少ないというか伝わりにくいというか。まあ今後動画レビューが多く使われていくことになるとは時代の流れなんだと思うど、上手に使わないと手間ばかり掛かって内容が薄くなっちゃうんじゃないのかなぁ。

逆に言えば動画を上手く使える人がレビューをすると、それはそれは楽しい記事になるって事なんだけれども。




2009年05月31日16:50 | Comment(4) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


おつです。
いやいや素晴らしく価値ある動画ですよ。まだいじってないブツだからインパクトありました。次回も是非。そのうち顔と声出しも^^

タッチ専用で中身作れるわけないauのものとしては、頑張ってると言う気がしました。いいなー。買うかなー。

Posted by muu at 2009年05月31日 20:12

いやー、動画レビューは疲れますねー。
HD、フルHDでの動画レビューが当たり前になったらブログ書くのも一苦労になりそうです。

顔出し声出しもしなきゃいけない時代がきそうですね。どうしようかなぁ。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年05月31日 20:58

動画、拝見しました
携帯端末のレビューってたどたどしい解説や何もしてない時の無音がぎこちないんですが音楽鳴らすとかっこいいですね
すごくわかりやすかったですよ
OSレベルで統一してUIを考えたiPhoneとKCPという制限の中で強引にタッチに対応させるのではやはり使い勝手は大きく変わってしまいますね
国産でも気の利いたUIを搭載した端末が出るといいですが

Posted by マッコリ at 2009年05月31日 21:07

ありがとうございます。
動画レビューは色んな意味で高い壁を感じています。

携帯電話のプラットフォーム上で動かさなきゃいけないのですからね。メーカも大分苦労されたのではないかと思います。
結局タッチUIで全ての操作は出来ていないですし。

iPhoneの素晴らしさを再認識させられました。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年05月31日 21:35
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。