2009年04月15日


Webサービス連携が可能なデジカメ


ブログはもちろんTwitterやFlickrに写真やムービーをモバイルで快適にアップするっていうのが、ある意味個人的な課題だったりするのだけど、なかなか満足にいく方法が見つからない。今は写真や富士フイルムの赤外線つきのカメラを使って携帯電話に転送してアップしたりしてる。ちょっと面倒。

で、この記事
電源オフでも写真を自動転送--Cerevoがウェブ連携デジカメを開発

以前にも結構話題になっていたので知っている人も多いと思うけど、Eye-Fiとは少し違って無線LANをデジカメに内蔵してWebちゃおうってことらしい。電源を切っていてもアップロードが可能だとか。

実際どのようにカメラを作っているのかというと

「いまは家電の開発がすごく楽になっている」と言う。デジカメ、ビデオカメラ、ボイスレコーダーなど、作りたい商品が決まったら、それらの商品に必要なスペックのチップが載った基板「evaluation module」(EVM)を買ってきて、さらに好きな機能のチップを足したり、引いたりしていく。まるでレゴブロックの感覚だ。


デジタルだから簡単に組み立てられちゃうっていう発想はわかるんだけど、デジカメやビデオカメラなんかの光学系ってそんなに簡単にいくものなのかしら。「写ればいいじゃん」みたいな感覚で使うんだったら携帯電話のカメラで十分な気もする。

やっぱり南の島での青い空や海が白っぽく写ったり、2度と見られないかもしれない夜景が手振れ量産だったら嫌だもの。
このブログで何度も何度もエントリーしてるけど、究極はデジタル一眼で撮った写真をカメラ内編集して、コメントつけてブログにアップするっていうのが目標。もちろん場所や時間に縛られることなくリアルタイム&PCレスで。

で、どんな人が使うのかはこう予想しているみたい

発売当初は、ガジェット好きな人にフォーカスしていくという。「まずはブロガーさんたちにたくさん使っていただいて、『ブログ更新するならこのデジカメが一番いいじゃん』みたいな話をきっちり作っていただいた上で、もっと一般的な人に波及すればいいかなと考えている」


ブロガーさんて、かっこいい写真撮る人が多い。こういう人たちがカメラとしての機能面で満足するカメラを作れるのかどうかっていうのがポイントなのかもね。

本当はキヤノンやニコンが携帯電話連携できるカメラを作ってくれたり、WiMAXモジュールを入れたりしれくれると最高なんだけど、こっちはまだまだ時間は掛かりそうだしねぇ。

光学系に強いメーカがネット連携するカメラを開発していくのか、ネットに強い会社がデジカメを作っちゃうのか。まだまだ目標を達成するのは遠い感じはするけど、デジカメ関連の会社とあわせてCerevoという会社には注目していきたいなと。

Cerevo
http://cerevo.com/





2009年04月15日19:57 | Comment(0) | TrackBack(1)

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このデジカメなら買おうかな。Cerevo
Excerpt: まだ製品化されてないと思いますがこのデジカメ出たら欲しいなぁ。無線LAN機能付きのSDカードのEye-Fiが欲しいと思ってましたがEye-Fiはデジカメの電源が入っていないと画像伝送できないという弱点..
Weblog: なははな日常
Tracked: 2009-04-18 23:05


 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。