2009年02月11日


アメリカのスマートフォン市場シェア


米スマートフォン市場端末が急拡大、2008年はAppleのシェアが一気に21%に

オバマも愛用しているBlackBerryのRIMが相変わらず強い。前年比88.5%増で2008年のシェアは46%であった。iPhone で急成長するAppleは、同101%増で一気に21%のシェアを占めた。この爆発的な成長は今年は持続せず、IDCの予測によると2009年は前年比 4〜5%増に落ち着くという。


1 RIM   46%
2 Apple  21%
3 Palm   9%
4 Samsung 6%
5 Motorola 5%

ほぼ2社の独占状態。3位のPalmから5位のMotorolaの数字を合計してもAppleにも届かない。

rimapple.JPG


両社とも良い意味での垂直統合型のモデルを採用しているのが面白い。キャリア主導ではなく、メーカ主導で動いているのが日本との違いか。僕もRIMとAppleの携帯電話は常用しているけど、アメリカ人が好みそうな電話機だなと感じる。実際両方とも便利だし使っていて楽しいしね。

この数字が数年後の日本のスマートフォンシェアになるなんてことは絶対にないと思うけど、色んな意味で注目の数字だ。

エントリーとは関係ないけど、今日はモバイル業界の重鎮の方とお会いすることができた。3時間位しかお話しできなかったけど、非常に有意義な時間を過ごさせていただいた。感謝。




2009年02月11日00:33 | Comment(4) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


お久しぶりです。

ノキアは5位にもはいっていないのですね。
ここまでブラックベリーが強いとは思っていませんでした。


先日ぼくは仕事で日本のキャリアの社長にお会いしました。
と言うと、もう3人にしぼられると思うのですが、おっしゃる通り日本の携帯の方向性はやはりアメリカのよう、あるいはヨーロッパのようにはまだまだ行かない雰囲気です。

相変わらずの独自文化。


もうちょっとグローバルスタンダードにむかってほしいですね。

Posted by つじも at 2009年02月11日 02:54

北米ではNokiaのシェアって低いですからねえ。
スマートフォンだけじゃなく普通の携帯電話も。

グローバルスタンダードというよりそれぞれの市場の良い所を取れるようなサービスが提供されていくといいなと思います。ユーザとしては。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年02月11日 09:56

Backberryの日本発売を待っていたのですが、I-MODEが使えないのが、ネックだなぁーとおもいながら、色々と検索していたら、こちらのWEBにたどり着きました。

本当に色々と参考にさせていただきました。

I-Modeだけがいまだにネックですが、データー通信PDAと+アルファで考えればいいなとも感じました。ありがとうございます。

発売間近で、とても楽しみにしていて、また、アプリケーションなど、参考のためにたずねてきます。

Thank you

Posted by Maycha a.k.a. Nana at 2009年02月17日 23:51

imodeのメールサービスをメインで使っていると、色々問題が出てきそうですね。
普通の携帯電話とBlackBerryを使い分けるのが最高だと思いますけど維持費も高いですし悩みますよね。
ただ、ドコモもimodeに対応させるようなことも言っていましたし、しばらく様子を見てもよろしいのではないでしょうか。


Posted by No Mobile,No Life. at 2009年02月18日 23:07
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114020953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。