2009年01月06日


Picasa for Macを試してみたよ


GoogleからPicasa for Macのベータ版が公開されていたので早速ダウンロード。いつもは撮った写真の整理にはMacに標準添付されているiPhotoを利用しているのだけど、こっちも楽しみにしていた。

使い方は非常に簡単でPicasaを立ち上げて、HDD内にある写真を取り込ませるだけ。iPhotoライブラリ内の写真はもちろんHDD内にある写真や動画を自動的にインポートしてくれる。

picasa3002.jpg


この処理の速いこと速いこと。5万枚のデータを数分で取り込むことが出来た。わざわざデータをPicasa用にコピーしないのもいいね。

ベータ版とはいえさすがGoogle。痒いところに手が届くというか、検索条件の豊富さ検索速度、アプリケーションの動作の軽さにはちょっと感動。
検索に関してはカメラの種類、ISO感度、焦点距離、時間、日付などとにかく検索窓に適当な数値を入れるだけで結果を返してくれる。人間の顔が写っている写真だけを表示させたりできるもの面白い。

PicasaScreenSnapz001.png


Exifデータに関してはiPhotoより多くの項目の表示が出来る。

picasa3001.jpg


インターフェイスはiPhotoの方がクールな感じはするので、今まで通りカメラからの取り込みはiPhotoで行って、検索や並び替えなどはPicasaを使うようにしようかな。

もちろんiPhotoで取り込んだデータを改めてマニュアルでPicasaに取り込む必要はないので、全く手間は掛からないし。

ベータ版だけどかなり安定しているのでMacユーザの人は入れておいて損はないと思う。




2009年01月06日22:55 | Comment(2) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


おお!Mac版が出てたのですか。これはいいこと聞きました。プリントする時やHTMLでの書き出し時とかGoogleっぽいオチャメなこと出来ますかね。

Posted by muu at 2009年01月07日 00:16

今日だか昨日だかに公開されたみたいですね。

>Googleっぽいオチャメなこと
そうなんですよ。意外にPicasaだけで完結できちゃう作業が多くなりそうです。

Googleは相変わらずいい所突いてきますねえ。

Posted by No Mobile,No Life. at 2009年01月07日 00:28
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112248327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。