2008年12月24日


Panasonic G1のEVF


このカメラが発表された時はEVF(電子ビューファインダ)なんて本当に使えるんだろうかと半信半疑だった。背面液晶のライブビューだって実用化されたのはここ2年くらい?あんなものが本当にファインダー内に入るんだろうかと。

で恐る恐るファインダーを覗いてみる。すると、背面液晶に表示されている情報がそのままの状態で見ることができる。最初は光学系のファインダーに慣れているせいか違和感を覚えるのだけどすぐに使い勝手が良い事に気がつく。

特にMF時にはその威力が存分に発揮される。下の動画を観てもらえばわかると思うけど、ピント合わせが恐ろしい程ラクチン。レンズのフォーカスリングに触れると自動的に映像が拡大されて任意の場所にピントを合わせることができちゃう。



これはスゲー感動的。フルサイズの一眼レフだってこんなにバッチリピントを合わせる事なんてできないんじゃない?
当然背面液晶と同じ情報が表示されるので、各種ボタンの位置さえ覚えてしまえばファインダーから眼を離さずに全ての設定変更ができる。撮影した写真の再生も削除も当たり前のようにできちゃう。

ファインダー横にはアイセンサーが搭載されていて、眼を近づけると自動的にファインダーに表示され、眼を離すとレスポンスよく背面液晶に切り替わる。

いやー、未来を感じるねー。今までとは全く違った撮影スタイルで楽しむことができそうだ。これで動画なんて撮れちゃったらもう言う事なしだ。早くも来春が楽しみになってきちゃったぞ。

Panasonic LUMIX (ルミックス) G1 Wレンズキット コンフォートブラック
Panasonic LUMIX (ルミックス) G1 レンズキット コンフォートブラック
Panasonic LUMIX (ルミックス) G1 ボディ コンフォートブラック




2008年12月24日00:21 | Comment(4) | TrackBack(0)

この記事へのコメント


連投失礼!
さすがモバイラー(笑)こういうレポをしたくなる程に、G1ってヘンタイカメラですよね。今は。
外光に左右されないのでファインダーで再生画像見れるのは最高です。撮影してカメラ下ろして画像確認ってな"いわゆる"な仕草がなくなりました。

Posted by muu at 2008年12月24日 01:51

確かに色んな意味でヘンタイカメラ。
ファインダーから眼を離さずに操作してる姿って気持ち悪いですかね?

さらにニコンのUPみたいなのと連動しちゃったりすると、さらにヘンタイ度が増す可能性も。


Posted by No Mobile,No Life. at 2008年12月24日 07:29

EVFに限らず背面液晶もそうですが、一眼レフを使い慣れているせいか、この手の電子式の画面って、シャッターを押した瞬間と出来上がった画像の間にある微妙なタイムラグが気になっいてあまりいい印象がないのですが、G1はどんな感じでしょうか?

Posted by iulius at 2008年12月24日 09:20

タイムラグありますよ。
なのでレスポンスや高速連射を求めるならキヤノンやニコンのハイエンド機を使った方が良いと思います。

一眼であって一眼レフではないので、この辺は仕方がないのでしょう。


Posted by No Mobile,No Life. at 2008年12月24日 20:38
コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。